齋藤徹BLOG

地震で土地移動、境界は(1)

測量、設計 | 2011年3月28日 01:03
Q;地震で土地移動、境界は・
 大震災によって土地(地域全体)が、大きいところで4メートル近く
水平方向に移動していることが、新聞報道がありました。
 境界も移動しているようですが、 このままでよいでしょうか?
移動前の位置には戻るのでしょうか?
 A; 震災後、ずれた地域が存在することが判明した場合
 本来の土地の境界(筆界)は、公法上の区分線で公的に設定されたものであり、
当事者間で処分はできないものとされています。
 しかし地震などの地殻の変動により、地表面が広範囲に移動し境界も動いた場合は
法務省民事局の見解として、移動は人為的なものではなく隣接地全体が相対的に移動
したもので、 「原則として土地の境界も相対的に移動したもの」
として 取り扱うことにしています。
よって、隣接地と一緒に敷地境界も移動したことになります。
 だから、動いた後、自分の大切な土地がどのような位置で地震後の形状・面積を
把握しておくことは大切です。
 なぜなら、場所によっては・・・
「土地の面積」が増えたり減ったりしてるかもしれません

▲ページトップへ