齋藤徹BLOG

「所有権保存登記」の意義

土地家屋調査士 | 2011年5月12日 01:05
 仕事で「建物表題登記」は行うが、
質問;「保存登記は必要なんですか?」
 と、お客様に聞かれることがあります。
確かにローンなしで家を建てる人は疑問に思うかもしれない。
 表題部に申請人の名前があるから、不要とも思われるのかも?
回答は;「必要です」
 考えて見て下さい「登記識別情報)(権利書)」がないでしょう!!
 義務ではありませんが、不動産の所有権の権利は
「登記をしなければ第三者に対効力(民177条)はない」からです。
自分のものだと主張するには「登記以外方法はない」からです。
もう少し追加すると、悪いやつから自分を守るにはしっかり登記しておくこと
PS.「対効力」(民177条)に対して
  「公信力」・・登記に、公信力なし
(登記簿上に権利が存在するものと善意無過失で信じて取引した場合には、
  その権利を取得するものとして法律上保護されるという効力)
詳細は、また・・・

▲ページトップへ