齋藤徹BLOG

「境界確認」の対処方法

土地家屋調査士 | 2011年5月20日 01:05
隣地との境界確認とその対処方法をまとめてみました。
 境界を決める要素は3点あります。
①書証、②物証、③人証
から判断します。
①書証
 法務局の地積測量図、土地区画整理確定図、耕地整理図、
 国土調査の成果、売買契約書時の図面等と書面で境界を判断します。
②物証
 現地に設置された「境界標」「ブロック塀」「生垣」等

③人証
 立会証明書、筆界確認書への押印、合意書、覚書、口頭による証言

 公的な図面(法務局の地積測量図、土地区画整理確定図、耕地整理図、
 国土調査の成果)
以上、参考になりましたでしょうか?
図面がなくても、確認書がなくても、杭がなくても・・・
なんとかすることが仕事です。

▲ページトップへ