齋藤徹BLOG

めざすもの

習慣 | 2012年1月28日 土曜日 00:01
<めざすものは>
(1)ワクワクドキドキ、ときめきが大事、
   すべてやる気を起こすツールです。
(2)仕事もお金も楽しそうな所に集まります。
  「まずは笑顔が大切」だから楽しく生きる。
(3)駆け引きをしないで、本音で話しましょう。
<人は、好きか嫌いかで判断します。>
 その間には、理解できない「バカの壁」があります。
その時は、深追いはしないで離れる。
また、そのような人は、私のHPは見ないと思う。
 本日、訪ねてきたお客様と銀座2丁目の
アンリ・シャルパンティエ 銀座本店で一息;支配人の片桐さんは、なかよし)

 

測量のことば

測量、設計 | 2012年1月22日 日曜日 00:01
 沖縄出身の補助者のS君に聞かれた現場の言葉です。
1、引照点;中心杭、境界杭など大切な杭が亡失した時に直ちに復元できるよう
 にあらかじめ控えの点を設けておくポイントです。(英語で「チファレンスポイント)
2、BP;ビギニングポイント(工事起点)
3、EP;エンドポイント(工事終点)
4、M;ミドルオーディネイト(中央縦距)
5、DL;データムライン(基準面)
6、BA:バンキングエリア(盛土面)
7、CA;カッテングエリア(切土面積)
8、道路のNOは、NO.0から見て,河川の右岸、左岸は上流から下流を見て言う。
9、逆打ち(ぎゃくうち、さかさうち);現場に打ち出す測設でこれをもとに
 工事を進める上で、とても大切な作業です。
現場に行くときは、この準備が大切で時間をかけます。
「準備する力」「段取り力です」
 現場が1日で完了しても、この準備;「データー解析」と「資料整理」
で倍以上は時間を使います。
S君、素直で明るい頼りになる補助者です。
来週から彼の出身大学(八王子)の現場が始まります。
行く前に、膨大な資料の解析・準備中です。

床面積の算入

土地家屋調査士 | 2012年1月21日 土曜日 09:01
建物の各階平面図を作成するとき。
よくあるピロティ(フランス語で建物を支える杭)

このポーチは不算入と分かる。
次に、このタイプ。

原則、不算入ですが、
1、シャッター、扉、囲いを常設してその部分が閉鎖的に区画する場合
2、屋内的要素に利用する場合(自転車置き場、駐車場)
は、床面積に算入します。
しかし、
 建築確認申請書を見るとカウントしていますが、
不動産登記法では算入しないことがほとんどで原則です。
惑わされないようにやる。

東京大学「赤門」

お気に入り | 2012年1月20日 金曜日 06:01
 今日は、待ち合わせが「東京大学の」の赤門でした。
車でよく見かけていましたが、中に入って見たのは初めてです。
木造と思っていましたが、鉄筋コンクリート造りなんですね。
歴史は、
加賀藩13代藩主前田斉泰は、文政10年(1827)に11代将軍徳川家斉の娘溶姫
を正室に迎えた。
 当時の慣わしとして、三位以上の大名が将軍家から妻を迎える際には、
朱塗りの門を建てた。・・・
 よくわかりました。
大学構内に入ったのも初めて、東京大学の記念品も売店にあった。
でも、どちらかというと、「伊東屋」か「ホームセンター」かな

三役定規

ツール,測量、設計 | 2012年1月16日 月曜日 00:01
  注文してあった「三役定規」が届いた、聞きなれない道具ですが
仕事をしてて、コンクリート杭の境界点は「本体の角」です。
正確に、この角を抑えるのが難しいコンクリート杭がよくあります。
古いコンクリート杭は角が欠けていて、「ピンミラー」を当てたくても
場所がないときって経験ありませんか?
 以前から何とか、いいものがないかと思っていました。
そこで見つけた道具が、写真の「三役定規」です。
引照点測量にも使えます。

測量する「土地家屋調査士」は、この1mmが大事なんです。

早稲田法科の祝賀会

土地家屋調査士 | 2012年1月15日 日曜日 00:01
 早稲田法科の祝賀会、毎年参加している。
理由は、初心を思い、自分を見つめることができる。
それと、なんといっても深田先生と会える。
今年の印象に残った言葉、
1、一人でも多くの人を知る。
2、仕事をお金に換える力。
先生からは、今年は意外な言葉でした。
1、ステイハングリー、ステイ・フーリッシュ「ジョブズ」の言葉です。
2、「ハングリーであれ。愚か者であれ」冒険をいとうな。
3、激しい努力をしなさい。
4、人よりも一歩前進しよう!
<私の1分プレゼンは・・・>
1、人間は欲望の塊である。
 もっと、もっと欲望を強くっ持って生きる。
2、いい人と付き合いましょう。
3、私に刺激された友人は、「景気は自分で作るんものである。」(素直でいい奴です)
もっと、ステージを高めないと話になりません。
「言霊」に感銘を受け実行するか否かはその人次第です。
以上、今年も刺激になる祝賀会でした。(参加者25名)

新年会

お気に入り | 2012年1月13日 金曜日 00:01
今週は、新年会続きです。
昨日は、東京土地家屋調査士会の千代田・中央支部、
場所は千代田区隼町にある。
ホテル グランドアーク半蔵門」で、同業者と最近の情報交換。
 今日は銀座3丁目町内会、場所は「銀座十字屋ビル9階」地元の人と一同に会うのは
年に3回くらいかな。
景品も毎年いいものばかりです。
「午後のサロン」で時々来る場所です。
マダム中村さんとも久しぶりに会いました。
(中村江里子さんお母さんです)

桔梗門

測量、設計 | 2012年1月11日 水曜日 00:01
皇居内の測量に行くときは「桔梗門」から入る。
2つの門を「車」で通過する。
このときが一番感動する。

立派な門です。(車内から撮影)
なぜか自転車がある。
震災による大手門の傷跡です。
大手門の擁壁を、ロボテックによる、ワンマン測量(高低測量)です。
写真の人物は私です。
リモコンは100mでもラクラクOK。
 また、中にある基準点をGPSによる。「基準点測量」も行いました。
基準点は、充実していますね。
さすが日本の中心です。
皇居内で安心して測量できました。
     

地積測量図

土地家屋調査士 | 2012年1月10日 火曜日 01:01
測量するときは必ず調べる「地積測量図」よく知られているが、
意外と知らないこともある。
1、地積測量図には「公信力」があるのか?
答;不動産登記制度においては、登記に公信力が認められていない。
 日本の不動産登記は、権利に関する登記はもとより表示に関する登記についても
 公信の原則は採用していないからです。
2、地積測量図の備え付けのない土地がある理由、どうしてか?
 答;登記簿と台帳の一元化が完了した後に、登記申請時に添付情報となったので
  昭和35年から創設された。
3、プラスッチック杭は、永続性のある杭と言えるか?
 答;「いえる」とあるが劣化するとちょっと頼りないので使わない。
簡略的に書きましたが、結構奥が深いんですよ。
下記は、連合会のパンフです。読んでくださいね。


東京カレンダー

銀座 | 2012年1月6日 金曜日 00:01
 〇〇〇の待ち時間に、東京の情報誌「東京カレンダー」1月号を読んでいると
銀座が紹介されていた、銀座の事を取り上げる雑誌は多く、しょっちゅうある。
 いちいち読んだ新たしいお店に行くことはないが、面白かったので紹介します。
この「東京カレンダー」は面白いので、毎月見ています。
興味を持ったのは、資生堂の 「金平糖」かな?・・・銀座限定だそうです。

 食事は、いろいろあるけど、気心の知れたお店に行くことが多いので、
数はあまり増えません。
 そのお店からの風景です。
帰りは、銀座4丁目の交差点を通って事務所へ・・・仕事開始です。


 

▲ページトップへ