齋藤徹BLOG

REB-1000社の会

旬な友人 | 2012年2月29日 水曜日 00:02
今年の不動産市場は、こう動く。
今月の定例会のテーマでした、
講師:㈱不動産経済研究所 代表取締役社長 角田 勝司氏
結論から言うと、8月までは好調だから売りまくれば、もうかる。
 今回書きたかったのは、講演会終了あと、1→1で1時間近く1対1でじっくり話ができた。
ラッキーでした、
1、なぜひねくれた考えで世の中見るの・・・アンサー;ひねくってひっくり返すんだ。
                      ひねくっただけでは今の民主党だ!
2、これからの日本はどうなるの?
 物は作らず、遊牧民になる、人口が減るのも自然の減少で、伸びるのは都市にしか成り立たなくなっている。
3、地方はどうなるの・・・再生なんて嘘、年寄りと貧乏人だけの社会なんて成り立たない
        地方で残って頑張っている人は、元公務員とか生活の基盤ができている人だけ。
         (確かによく見ている)
4、東京はどうです?・・・資産家は、自分で使うという発想はなくして、賃貸で貸す、新しく作り直す
5、人口は?・・・日本の人口は5千万人がいいとこで減って当たり前。
6、高年齢社は?・・・日本人は戦後長生きし過たぎ、年寄りの社会を終わらせなければいけない。
 答えが辛口で、ズバズバ言う人で面白い、本日は目いっぱい話せて楽しかった。
どんな質問しても答えてくれる、面白人です。
何回も例会に参加して覚えてもらっていたのでお互いの考えを確認し合えました。
非常に楽しかった。

 

銀座は「テーマパーク」

銀座 | 2012年2月28日 火曜日 00:02
 銀座は、僕の「テーマパーク」
 そう、銀座は、「デイズニーランド」のようなところ。
自分は、そこで暮らす「ピータパン」と思えば、楽しいでしょう。
あそこに行けば、ライオンがいる。
おいしいものがある。
綺麗な水がある。
静かな場所がある。
あそこに行けば、親切な人がいる。
格調の高い人がいる。
映画、歌舞伎、劇場が楽しめる。
これほど、素敵で刺激的な街はないと思う。
色々見て、多くの人とお付き合いしているが、
時間とともに変わる、激しく変わる、変わる、昔からの人は少ない。
変わった、すごく変わった。
でも、それも面白い。
(シンデレラ城は、「和光」かも・・・)
そう思うと楽しい街でしょう!
もっともっと、この街を好きになってください。

人生は・・・

習慣 | 2012年2月27日 月曜日 00:02

人生はゲームのようなもの、(南佳孝の歌もいいが

(レイインボーブリッジ)
    1,何があろうとも、どんなきっかけが「幸運」に転じるかもしれません。
    2,一生は、一度、100年にも満たない時間です。

3,誰よりも、楽しく生きたほうがいい。

    4,そして、楽しく生きていくことが「幸福な人生だった」と最後に言えるような気がする。

5,目に見える、お金、地位、名誉を追いかけるのではなく

6,「幸せ」を求めることが大切だと思う。それがいつも書いてる「人生楽しく生きる」です。

<ここを通過するときにいつも思うんです>
1、小さい組織の中で、ごちゃごちゃ、目立とうとせず。
2、毎日、「モチベーションを上げ続ける」ず~と上げ続ける。
3、止めたら、そこがエンドです、走り続けるんです。
4、生活、考え、ツールすべて上げていく。
5、それが楽しいと感じなければダメ。
人生、泣いても、笑っても、一度きり!
<PS>
カテゴリー増やして見やすくしました。
1、(HPの「銀座和光」さんの写真は、銀座和光「広報」さんの了解を得ています。)

2、(SRのロゴも、大切な人に作って頂いたマークなので商標登録しました)

銀座のパワースポット 朝日稲荷神社

銀座 | 2012年2月26日 日曜日 00:02
 銀座八丁めぐりのなかでも、地元の銀座「朝日稲荷神社
今年も無事に「土地家屋調査士 齋藤徹」と記載した「幟」を上げることができました。
毎年、「朝日稲荷神社」に大感謝です。
 地元銀座3丁目に根ざして、皆様とお付き合いをさせて頂き、
銀座3丁目町内会の会員であること誇りに思っています。
ここは、
 中央通りより100m程進んだ所にある角の朝日ビルに「朝日稲荷神社」があります。
ビルの一角に神社があって、自由にお参りができるのですが、実はこれは拝殿で、
本殿は屋上にあり、本殿もエレベーターで自由に行き来できます。
 神社は本来、大地の上に作られるものですが、上部に見える、パイプを通して屋上まで延びており
本殿とつながっています。地価の高い銀座ならでわの知恵ですね。
このパイプを通して屋上の本殿に声が届くようになっています。
実際、お賽銭の入れる音、手を叩く音が屋上で聞こえます。
銀座にお越しの際はぜひ一度いらしてください。
(防犯上、管理人室でしっかり監視できるようになっています)

皇居の測量(3)

測量、設計 | 2012年2月24日 金曜日 00:02
 大手門から進んでくると広く開けた場所がある。
そこに「百人番所」がある、本丸と二の丸へ通じる要所である大手三之門の前に設けられた
番所で 数少ない江戸城の現存遺構の一つです。
本丸に入る「検問所」ですね。
 皇居の中は気持ちがいい。
  • 仕事は楽しい、分からないことが分かってくる。
  • 達成感がある。
  • 国家資格の有資格が行うことにより、
  • 「成果品に安心を与え」
  • 「品質を高める」のが仕事です。

 

 重さ13kgのニコントリンプルS6を背負って移動です。
この機械は、他社のより少し重い、身長184cm、体重〇〇kgの私だから小さく見えますが
結構重いが、それだけの価値はある。
この地を測量をするのに見合った相棒(S6)です。
 この日は、一般の人は入れない日で、また入れない場所での測量も行い。
独占気分で楽しい測量でした。
 お堀には白鳥が泳いでいます。
いい「気」が感じられる場所でした。

皇居の測量(2)

測量、設計 | 2012年2月23日 木曜日 00:02
 今日の入場チェックは厳しかった、桔梗門前の入場時の問答で
生年月日、現住所を言うテストがあり、そこで補助者のS君
緊張して、どもると「なぜ言えない」と詰め寄られ緊張しました。
(百人番所跡地前)
皇宮警察官なんだな~、中に入ると「白バイ」ならぬ、黒塗りでサイドカー付きの
「黒バイ」を初めて見ました。
パトカーも「黒塗パトカー」
すごい環境の中での測量、こんな経験なかなかないと思う。
道路を写真の馬車が走ったり、不思議な空間です。
「新丸ビル」後方「大手門」の1級基準点に機械を据えて現況測量です。
入口を整備し大手門の改修工事を行っています。
春には綺麗な姿が見れると思います。

「杉本彩」さん

旬な友人 | 2012年2月22日 水曜日 00:02
 今日は、来客が多かった。
いつもの朝会の後、来客、昼食。
 寝てしまえば、すぐに時間が過ぎてしますが、忙しいときこそ忙しくしたい。
朝、昼と食事をしながら打ち合わせや情報交換し有意義な時間を過ごす。
午後から「銀座松屋」さんに行くと「杉本彩」さんと会った。

遠くから見ても目立つ。

彼女がやっている化粧品事業ですかね。
最近のカンブリア宮殿でもやっていました。
裏表なく好感が持てますね。
 横顔、いい!
彼女も、また会いたいと思う人ですね。
会いたい人の条件「綺麗な人」だから。
 

 

トリガー

習慣 | 2012年2月21日 火曜日 00:02
1、 銃の引き金。
  または、転じて「物事を引き起こすきっかけ」
  PCの用語でも使われますが、「引き金」「きっかけ」です。
2、トリガーは、プログラムに対して何らかの変更処理が加えられたときに、その変更処理を
 きっかけとして、自動的に実行される特殊なストアドプロシージャのことです。
(手前が皇居大手門、奥が丸の内;塀の下部に注目)
3、人生で、このような「トリガー」って感じたことありませんか?
4、生きている、その時々の一つ一つの選択が、いかに重要なことか。
 その一つの選択によって、ものすごく沢山の事が一気に実行され動きだします。
(皇居城壁の壁にある銃坑口)
5、<人生のトリガー>
 人生の分岐点、引き金となったときは・・・いつだったのか?
  あの時かな・・・、あれもそうだのかな~思い起こせば色々ある。
6、これからもあるだろうが、コントロールしていかなければ・・・
 良い結果を生みませんから。

東京工科大学

測量、設計 | 2012年2月19日 日曜日 00:02
今日の現場は、うっすら雪景色、八王子は、都心より3度ほど低い
現場につくと、測量現場が真っ白でした。
沖縄出身のS君の母校でもある、大学構内の測量。
 昼ぐらいからは雪も徐々に溶けてきました。
造成地で感じることは、長靴を履いて行うので体力がいることぐらいでしょうか。
関係者以外いないのでじっくり測量でき気は楽です。
少し寒いですが雪国を思えば・・・
作業は、位置だし、ニコントリンプルであれば得意中の分野です。
自動追尾での逆うちは、TVゲームのようにも見えます。
作業効率は、以前の何倍でしょうか?(半日で木杭50本程度)
体も楽で間違いが少ないです。
 (立派な建物、TV等の撮影にも使われるそうです)
モダンな校舎でキャンパスも広くきれいに整備された大学でした。
天気も良く気持ちよく仕事ができました。

チャレンジ

習慣 | 2012年2月18日 土曜日 00:02
 思考、考えることを止めた人、止めた組織に進歩はない。
考えないで、まねることは、楽かもしれないが、進歩がない。
 常に先を見据えておかなければならない。
それには「チャレンジ」というキーワードが重要になる。
そして「成長」と「進歩」を妨げるのは「マンネリ」です。
今あるもので満足しない、欲望を強く持って生きる。
だから常に新しいことを始める、古いものを捨てる。
 同時にイケイケの時にこそ、最悪のリスク管理を頭に入れておかなければならない。
どこかでリスク管理を持っていないと危険だ。
 時には、立ち止まって自分を見直す作業が必要だと思う。

▲ページトップへ