齋藤徹BLOG

エンジェルボディー

旬な友人 | 2012年6月18日 00:06
 今日は、「エンジェルボディー」の
医療ジャーナリスト「熊田梨恵」さん
について、紹介します。
「エンジェルボデイ」とは、
N先生が付けたのですが、
ただ痩せているだけでないのが、エンジェルボディの素敵なところです。
とても、彼女にぴったりの言葉です。
 H=1.70m「エンジェルボディー」の「医療ジャ-ナリスト」
その彼女が、文藝春秋(7月号)に、彼女の記事が掲載されました。
梨恵さん、すごい驚いた。
「週刊誌」ではなく「月刊誌」の方じゃないですか・・・
 「胃ろう」について取材記事でした。
私の父も最後は「胃ろう」をやって延命しました。
 その記事を、友人の「熊田梨恵」さんが、
「文藝春秋デビュー」です。
何か違うと思っていましたが、彼女は「本物」です。
素晴らしい!
<記事の内容は>
 改めて「胃ろう」のルーツって、
小児科から始まったって初めて知りました。
 家族の気持ちをよく理解し、
現状分析から、これから「どこまで」「どうやって」望むか。
考えさせられました。
「文藝春秋」7月号;ぜひ読んでみてください。
 彼女とは、「オレンジ色」がきっかけで「なかよし」になりました。
仕事は、まったく違う分野ですが、会った瞬間感じたことは・・・
「知性のある美人」
「会う度に心に残るものがある」
でも、会って飲むと、よく笑い楽しい人です。
友人が、ステージアップしていくことは嬉しいです。
 素晴らしい熊田さん、
これからの「ステージアップ」&「活躍」
楽しみにしています。

▲ページトップへ