齋藤徹BLOG

ダークナイト ライジング

映画、芸術 | 2012年8月12日 00:08
 少し時間経ちましたが、「ダークナイト ライジング」
公開前から、いろいろな事件があって複雑な気持ちで見ました。
 いろいろな人、いろいろ思うでしょうが、
私は、
<感 想>
1、上映時間が長くその分楽しめた。
2、少し破壊し過ぎ、物を作り仕事をしているので、復旧するのに大変だろうと思ってしまう。
3、先に見た友人は、あまり評価していませんでしたが、そんなことはない。
 (アン・ハサウェイは、新恋人でピッタリ決まってる)
 (黒のコスチュムが似合ってる)
4、新メカが面白い。
5、写真のバイクは、方向転換するとき「横回転」「スパイクが出る」うまく出来ていると思う。
5、映画を観終わった後、胸に響くパワーがあった。
見方は人によって色々。
職業柄気になったことは、
(1)都市施設(下水道)(橋梁)(道路構造)(歩道)
(2)機械、(乗り物)
(3)ファション
を興味深く見ました。

▲ページトップへ