齋藤徹BLOG

選択の科学(シーナ・アイエンガー)4

習慣 | 2012年9月5日 00:09
<創造性を高める選択とは?>
(1)創造性は、高め続けなければいけない。
(2)革命的なアイデアは一見よさそうに思うが、実はよくない。
(3)良いアイデは、一人の時ではなく、そうでない時にでる。
(4)トヨタを例にして、「改善」→「少しずつ」→「少しずつ」→「創り上げる」
  これも「創造性」を高めている。
(5)イノベションとは、「進歩し続けること」
(6)選択が多く、制限がなければいいと、言うものではない。
(7)選択の数が少ない(制限している)ほど創造性が高い。
(8)個人よりも「チーム」の方が創造性が高い。
(9)その議論するときのルールは?
①同等の立場で議論する。 ②相手の意見を否定しない。
<チームとして創造性を高めるには?>
(1)知識の多様性、多様な人を集める、奇数の人数がよい。
(2)準備、現場を知ってから始める。
ルールでしぼる。
(1)上司の権力で解決しないこと。(同等の立場で議論する)
(2)自分の選択にも疑問を待つ。(謙虚さをもつ)
(3)多すぎる選択は迷わせる。
(4)意識して選択する。
(5)目標を明確に意識して注意深く選択する。
<選択ノートは必ず実行する>
(1)自分の毎日の選択を批判する。
(2)書き留めて後で見直し、「この選択でよかったか」と自分に投げかける。
(3)当時と今の自分を比較する。
(4)自分自身をより深く知る。
(5)どの選択が良かったか?
(6)どの選択が悪かったか?
(7)どうすればよかったか?
(8)訓練こそ、自分で理念で決めれる。
今後の人生をいかに素晴らしく過ごすか、ものすごく重要なことを学びました。

▲ページトップへ