齋藤徹BLOG

銀座とシャンソン

銀座 | 2012年9月27日 00:09
「銀座十字屋通信」秋号でシャンソンを取り上げていた。
写真が懐かしく取り上げてみる。
銀座とシャンソンは関係が深い、以前取り上げた「銀巴里」
1951年銀座7丁目にシャンソン喫茶「銀巴里」が開店する。
のちに「三輪明宏、戸川昌子、金子由香里」さんたちが出演してにぎわいを見せる。
よく通った「銀巴里」でも、今はもうない。
跡地に記念石碑があり、前を通るたびに懐かしさを覚える。
僕も時間がたって、音楽の好みも変わった。
 最近は「ジャズ」が好き、
仕事が済んでから、
夜遅くに出かける、自分だけのお店で
ピアノとベースの演奏が聞こえてくる。
ゆっくり時間を過ごす。
 こういった時間が、ほしい世代になりました。

▲ページトップへ