齋藤徹BLOG

風水(掃除)

習慣 | 2012年10月16日 00:10
 風水は好きでやっている。
これは、環境工学だと思う。
こうすると、「いい」、「悪い」
あまり気にしないが、
良いということはやる。
情報が多すぎて、いちいち気にしてられないが、
掃除は、好きなので毎日やっている。
徹底的にする。
掃除に使う雑巾のタオルは使い捨てている。
特に
玄関のドアは、一番最後に「ミネラル水」でふきあげる。
これは修行だと思って毎朝行っている。
書類、洋服、図書、古いものは、すぐに捨てる、
書類は一定の量以上になると「PDF」にして保管する。
このスッキリ感がとても気持ちいい。
 気持ちいいから、「活性化」するのかもしれない。
最近行ったことは、トイレにある「時計とカレンダー」を捨てた。
トイレには、「時を刻むもの」はよくないとのことなので。
確かに、ないと「スッキリ」していい。
ゆっくりできる、時間を気にしなくなった。
いいと思うことは、とりあえずやってみる。
最近、不快な事は、営業の電話です。
仕事中の電話営業は不快です。
大切な時間、時間泥棒には気負付けましょう。
 生きることは、常に「陰」と「陽」の繰り返し、
「変だな」と思ったら
「近づかない」、
「力を加えない」
「思わない」「考えない」
思ったり、考えると、どこかで繋がってしまいます。
自分を大切にしてあげましょう!

▲ページトップへ