齋藤徹BLOG

グリー2

映画、芸術 | 2013年1月19日 09:01
 毎週見ているTVはEテレの「グリー2」
なぜか見ていると元気が出てくる。
僕が高校生なら、
やってみたい。
歌ってみたい音楽。

今週は、ウィル先生の歌を初めて聞いたが、意外とうまい。

この番組が面白い要素の一つは、歌の選曲が70年代~最新ポップまで

それから、出演者それぞれの個性的な『声』だと思う。

 

 土曜日の夜11時は、ぜひ見ては・・・
ただドラマのあらすじ、人間関係はめちゃくちゃで
注意してないと訳が分からなくなります。
僕が好きな『声』の持ち主は「カート」かな
透き通った声でどこもでも響く声です。
出演者は個性豊かな、素敵な声の持ち主ばかりです。
そこが面白い。
大勢だから魅力が倍増する。
才能ある人が一人だけでは、ここまで魅力はないかもしれない。
一人じゃないところがイイ!

 

 

 

 

▲ページトップへ