齋藤徹BLOG

年度末

銀座 | 2013年3月31日 日曜日 15:03
3/31、年度末のこの日
銀座から消えるもの、明日4月から生まれるものがある。
消えるもの
三原橋地下の映画館、B級映画よく見に行きました。
寄せ書きで壁はいっぱいです。
外にある時計は、震災から止まっているが、生きている我々は止まっていられません。
 また、4月からは、「新しい歌舞伎座」がある、この付近の空気は完全に変わった。
カブキタワーは3000人の人が入る。
知り合いの会社もあるが、皆さん勢いがあり半端じゃない勢いです。
毎年倍々伸びてるような会社です。
周りのお店も活気づいている。
「弁松」さんの弁当よく頂いてます。
味が濃くておいしいです。
 3/31の歌舞伎座、カラフルになりやっと戻ってきました。
 休日の今日は、写真撮影の人が多くいました。
この繰り返しが銀座の活気を生む、古いものと新しいものが混在しているから
魅力的なんでしょうね。

利根川

測量、設計 | 2013年3月27日 水曜日 06:03
今日の現場は、「千葉県野田市」
利根川沿いの、広大なお屋敷の測量です。
川沿いの菜の花が綺麗ですね。
都内で「隅田川、荒川、中川」でもの測量しましたが
川の遊歩道はいつも人がいて車もひっきりなしに通行しているが
ここは、ほとんど、人はいない、現場作業中は通行者ゼロでした。
 隣地のおばあちゃんに立ち入りのため声をかけると、
留守を守って畑仕事をしているとのこと。
「どうぞ庭の中を通っていいよ」と快く返事してくれた。
「利根川」の恵みはうらやましい限り、広大な平野を生んでる。
GPS観測で「基準点設置」
 補助者のWさんと2人で、のんびりと現況3D平面測量。
天気も良く気分よくできました。
 Wさんは、測量の超ベテランです。
彼が書いてくれる「現況平面図」を見ていると
現場の地形が、浮き出て来るように見える。
お客様には、たいへん好評です。
僕にとって「いぶし銀」のような存在です。
 福島県大熊町出身で、震災で帰れなくなったのが寂しそうで、
この現場でWさんが言うには。
「ここは、大熊町と似たようなもんだ」
また、隣地のおばあちゃん見て自分の祖母を思い出したとのこと
福島弁で話してました、いつまでたっても方言が抜けません。
時々聞きにくい、山形県と福島県では発音が微妙に違う。
まあ、楽しく現場やってます。

笛吹市

 | 2013年3月26日 火曜日 05:03
平日の山梨です。
「笛吹市役所」初めて行きました。
(笛吹市役所前)
玄関にある櫻が満開で、前にある「笛吹川」の桜並木も満開です。
(笛吹川)
現場の石和温泉街の桜並木も満開です。
「石和温泉街の桜並木」お祭りは4月からですが、もう満開でした。
京都の「哲学の道」を思い出させるような景色です。
今年見た櫻では、最高の場所です。
桃の花「桃源郷」は、あと一週間後かな?
今日は平地でつぼみです、徐々に山を上がっていきます
平日のため観光客は、ほとんどいない。
延長900mの桜並木は独り占めです。
最高の平日での仕事日!
川沿いの木製のデッキを静かに歩く、近くの「弓道場」のしだれ桜の前で写真を撮る。
やっぱり、山梨はイイと思う。
景色の変化、ドライブしてて目に入る景色の角度が楽しい。
(山頂部で)
地元の人の話ですが、
「笹下トンネル」の復旧工事では一日3交替で作業を行ったそうです。
また、石和温泉に工事関係者が宿泊したとのこと、相当急いでくれたんですね。
安心してトンネル使えるようになって感謝です。

アン・ハサウェイ

銀座 | 2013年3月18日 月曜日 20:03
「ファション週刊誌」なんて普段は全く読みませんが、
 先月、「銀座テイラー」さんの「ハッピーバレンタインデー」のイベントで
スタイリストの「宮本真由美」さんコーデイネイトしてもらった内容が
ファション週刊誌に掲載されたものを頂きました。
うれしいのは、掲載されたのもそうですが、
ないよりも嬉しいのは、
先日行われた「アカデミー賞」の女優さんたち、
大好きな「アン・ハサウェイ」と同じページに一緒に掲載されたことです。
今回の事は、楽しい経験とよい記念になりました。
この業界では、珍しいことだと思うのでアップしてみました。
記念に頂いた「ピンクのマフラー」です。
とっても立派品物です。
ありがとうございました。

「ムーミン」の「ミイ」

銀座 | 2013年3月16日 土曜日 11:03
 銀座三越で行われている「ムーミンプレミアムコレクション」出かけてみました。
ムーミンでの思い出は、歌ですね
「ねえムーミン こっちむいて はずかしがらないで。。。。」
いい歌詞で懐かしいでしょう。
一度聞いてみてください。
 作詞が「井上ひさし」さんで、なんとかわいい歌詞でしょう。
聞いていると、とっても優しい気持ちになります。
僕は、このなかでも、少し意地悪でタマネギ頭の「ミイ」が大好きです。
 歴史は、1930年代からあるが、TVで見ていたのは1970年代頃かな。
銀座三越に来た「ミイ」は大きくて、怖がって泣き出している子もいました。
さすがに、並んで写真は取れなかった。
グッツもおもしろい。
「ミイ」は「ミムラ」という生き物でミウラ夫人のむすめ兄弟は35人いる設定。
こんなこと知っていても仕事にはつかえないが、なぜか「ミイ」がすきです。
TVのダイハツのCMにも出ていますね。
帰りに、「ミイ」ではないピンクレデイーの「ケイ」ちゃんの
トークショーも見てきました.
現在55歳だそうです。
春らしくなって、楽しいことが増えてきましたね。
 「ムーミン」の名刺?・・・もらいました。

新歌舞伎座

銀座 | 2013年3月15日 金曜日 11:03
 久しぶりにアップします。
年度末行事が多いですね。
 本日は、初めて歌舞伎座の地下部分を見てみました。
今まであった昭和通り側の地下鉄入口はなくなり、地下から直接「歌舞伎座」に入れます。
 外観は、以前と同じです。
 歌舞伎文字、読みやすいです。
    「カウントダウン」
 新しい「地下鉄出入り口」は築地よりに新設、案外目立たない。
 地下のお店、しゃれたお店で歌舞伎テーマのグッツです。
地下から直接出入りできることは、着物で来る人が多い歌舞伎座ではとても助かるそうです。
地下空間は意外と広い、たくさんの観客が来ても大丈夫。
階段は、エスカレータ-で、年配客を意識してかな。
 このようなものが売られています。
 コンビニもあります。
駐車料金は、意外と安い。車で観劇きてもいいかも。
地下部分が立派で地上に出なくても用が足りてしまうので、地上のお店の人たちは
御客さんが来てくれるか心配していました。
経済効果がどう出るか。
いずれにしても、今後楽しみです。

春節

お気に入り | 2013年3月4日 月曜日 10:03
先週末は、友人の諸葛 さん主催の
「チャイナ・フォーカス・アカデミー」さんの招待で
春節を味わうイベントに参加
自分で料理を作って、頂く、そして「日中の交流」を図るという趣旨です。
諸葛さんと出会うまでは中国、韓国には全然興味はありませんでしたが
中国の文化や風習に触れることで、中国に対する理解を深めると同時に
講師と生本場の水餃子の作り方や中国の家庭料理をご体験しながら、


普段覚えた中国語を、同じく中国語の勉強をしている仲間同士で実践してみて
相互の親睦を図っていました。
中国では春節が来ると、大通りから小さな路地に至るまで、
街中に国旗と赤い灯篭が掲げられ、また、どの家の玄関にも、
「春聯(めでたい文句や縁起の良い言葉が描かれた赤い紙)」と「福」の字が
貼られ、街は「赤色」に染まるそうです。
写真隣男性は、友人でテレビ局勤務の「西潟」さん
皆さん、若い友人ばかりです。
 みなさん、なかよしです。

奥さまは魔女

映画、芸術 | 2013年3月1日 金曜日 16:03
今日は、内業日、事務所に朝8時出勤、
部屋の掃除しながら、8時からテレビ東京の「奥さまは魔女」 を見てからスタート。
1964年~1972年公開のテレビドラマです。
もう40年以上前のドラマです。
 以前は、BS、NHKで見てました。短時間の番組ですが面白い。
通販で全話購入もしましたが、決まった時間い見るのがいい。
子供のころに見たときと同じ思いで見れのがいい。
近くのブランドショップで
「サマンサ・タバサ」というブランドの店があるが、
名前の由来は奥様は魔女からとっているようです。
 サマンサタバサ - 主人公のサマンサと娘のタバサにその名を由来する、
といわれるブランドです。
ダーリンは、初代のダーリンがいいね。
 今日も、気持ちよくスタート!

▲ページトップへ