齋藤徹BLOG

年度末

銀座 | 2013年3月31日 日曜日 15:03
3/31、年度末のこの日
銀座から消えるもの、明日4月から生まれるものがある。
消えるもの
三原橋地下の映画館、B級映画よく見に行きました。
寄せ書きで壁はいっぱいです。
外にある時計は、震災から止まっているが、生きている我々は止まっていられません。
 また、4月からは、「新しい歌舞伎座」がある、この付近の空気は完全に変わった。
カブキタワーは3000人の人が入る。
知り合いの会社もあるが、皆さん勢いがあり半端じゃない勢いです。
毎年倍々伸びてるような会社です。
周りのお店も活気づいている。
「弁松」さんの弁当よく頂いてます。
味が濃くておいしいです。
 3/31の歌舞伎座、カラフルになりやっと戻ってきました。
 休日の今日は、写真撮影の人が多くいました。
この繰り返しが銀座の活気を生む、古いものと新しいものが混在しているから
魅力的なんでしょうね。

称名寺 金沢文庫

お気に入り | 2013年3月30日 土曜日 21:03

土曜日、現場は横浜市港南区~金沢区、早めに完了したので、

補助者のWさんを電車で送り一人で帰る。
途中金沢文庫にさしかかり、急に・・
称名寺 金沢文庫に立ち寄ってみたくなった。
      8年ぶりにお寺の中に入る。
 その前に、学生の頃近くに住んでいたので、その場所にも行ってみた。
アパートは新しくなっていたが、面影は十分にあった。
 当時は、お風呂もなく銭湯でした、でもその銭湯もなくなっている。
よく定食を食べに通った「キッチン・サガラ」があったのには驚いて入ってみた。
中に入り、マスターを見ると当時はパンチパーマだったのが・・・・
その後、称名寺の裏山に一人登ってみた。
 息が切れてきつい、他に人いないので休憩しながら20分ほどで山頂まで登ってみると
 頂上からは、八景島、東京湾が見える、すがすがしい。
そして、色々、当時の事が思い出される。
今日、この近くに現場があったのも何かの縁だろう。
この仕事をしてて、いろいろな場所、現場に行けるのは楽しみの一つです。
そして、なによりも「自由」があることが嬉しいです。
中では、みんな楽しそうにしている、いい風景です。
春の一日でした。

利根川

測量、設計 | 2013年3月27日 水曜日 06:03
今日の現場は、「千葉県野田市」
利根川沿いの、広大なお屋敷の測量です。
川沿いの菜の花が綺麗ですね。
都内で「隅田川、荒川、中川」でもの測量しましたが
川の遊歩道はいつも人がいて車もひっきりなしに通行しているが
ここは、ほとんど、人はいない、現場作業中は通行者ゼロでした。
 隣地のおばあちゃんに立ち入りのため声をかけると、
留守を守って畑仕事をしているとのこと。
「どうぞ庭の中を通っていいよ」と快く返事してくれた。
「利根川」の恵みはうらやましい限り、広大な平野を生んでる。
GPS観測で「基準点設置」
 補助者のWさんと2人で、のんびりと現況3D平面測量。
天気も良く気分よくできました。
 Wさんは、測量の超ベテランです。
彼が書いてくれる「現況平面図」を見ていると
現場の地形が、浮き出て来るように見える。
お客様には、たいへん好評です。
僕にとって「いぶし銀」のような存在です。
 福島県大熊町出身で、震災で帰れなくなったのが寂しそうで、
この現場でWさんが言うには。
「ここは、大熊町と似たようなもんだ」
また、隣地のおばあちゃん見て自分の祖母を思い出したとのこと
福島弁で話してました、いつまでたっても方言が抜けません。
時々聞きにくい、山形県と福島県では発音が微妙に違う。
まあ、楽しく現場やってます。

笛吹市

 | 2013年3月26日 火曜日 05:03
平日の山梨です。
「笛吹市役所」初めて行きました。
(笛吹市役所前)
玄関にある櫻が満開で、前にある「笛吹川」の桜並木も満開です。
(笛吹川)
現場の石和温泉街の桜並木も満開です。
「石和温泉街の桜並木」お祭りは4月からですが、もう満開でした。
京都の「哲学の道」を思い出させるような景色です。
今年見た櫻では、最高の場所です。
桃の花「桃源郷」は、あと一週間後かな?
今日は平地でつぼみです、徐々に山を上がっていきます
平日のため観光客は、ほとんどいない。
延長900mの桜並木は独り占めです。
最高の平日での仕事日!
川沿いの木製のデッキを静かに歩く、近くの「弓道場」のしだれ桜の前で写真を撮る。
やっぱり、山梨はイイと思う。
景色の変化、ドライブしてて目に入る景色の角度が楽しい。
(山頂部で)
地元の人の話ですが、
「笹下トンネル」の復旧工事では一日3交替で作業を行ったそうです。
また、石和温泉に工事関係者が宿泊したとのこと、相当急いでくれたんですね。
安心してトンネル使えるようになって感謝です。

春夏ファッションショー

旬な友人 | 2013年3月24日 日曜日 16:03
今年初めてのご招待で「ファッションショー」に出かけました。
レオナール、ダックス、レ・コパン、ボグナー、アクリスプント
のブランド物の「春夏ファッションショー」です。
   「ボグナー」
   「ダックス」
    「レ・コパン」
「レオナール」
この春のトレンドばかりです。
 ショー終了後飲み物を頂き、モデルさんたちと記念撮影
 このモデルさんは、昨年お会いしているので覚えてましたね。
 みなさん、背が高くて、きれいな方ばかり。
このモデルさんは178cmハイヒールを履いているので183cmの僕より背が高い。
「ファッションショー」を見ると気分が高まり刺激になってイイ。
また行こうと思う。
もしも・・・・
 こんな綺麗なモデルさんたちが、「補助者」ならどうだろうか?
と想像した・・・何でも仕事に関連させてみる。
現場に、このモデルさん達が測量していたら・・・・・・
仕事が楽しくなり、面白いでしょうね。
 ありがとうございました。

トルコ共和国

旬な友人 | 2013年3月20日 水曜日 10:03
 3月の定例会は、今、最も熱く、世界三大料理のグルメ、観光、経済成長で
話題沸騰のトルコ特集☆
600年間世界を制覇し続けたオスマン帝国。
 世界三大料理といわれるトルコ宮廷料理を味わいながら、
在日トルコ商工会議所会頭オネル・ソネル社長をお迎えして、行われました。
(鰐淵社長とオネル・ソネル社長)
  株式会社銀座テーラーグループ 鰐渕美恵子社長より、他では聞けないトルコの実情についての講演。
 
 会場は、食通が集う麻布十番のトルコ宮廷料理で、
特に定評のあるトルコ料理レストラン『ブルガズアダ』です。
 http://www.burgazada.jp/
   (シェフ メフメット ディキメンさん)
<内容と感想>
1、、高い経済成長率、2011年は7%
2、平均年齢28.5歳(日本は46歳)人口比率がきれいなピラミットの形。
3、EUには加盟していないが、これは結果的に非常によかった
(1)なぜ加盟しなかったか?
・宗教の問題以外にトルコは、かつて600年世界に君利していた、ヨーロッパから見て懸念されたいた。
(鰐淵社長とメンバー達、みなさんいい顔しています)
耳鼻科の金沢先生、先生には花粉症ずいぶんお世話になりました。
4、EUに加盟していないためEUへ輸出するのに一切関税かからない。
5、品質意識が高い労働力、トヨタも認めている労働者意識
6、親日的、1890年日本にたすけてもらったトルコの船について教科書にも載せている。
が逆にテヘラン脱出の時にトルコ航空に日本人は助けてもらったこと覚えているかな?
7、トマトジュース、ケチャップの材料がほとんどトルコ産、また食糧自給律が非常に高い。
8、郡を抜いて安定した政治と宗教
9、映像を見てもこの国の魅力が伝わってきます。
10、トルコ共和国非常に興味深い国になり親近感がわきました。
今月も貴重な定例会で経営者仲間と情報交換できました。
メンバーに医師、弁護士さんがいることは心強いですね。

アン・ハサウェイ

銀座 | 2013年3月18日 月曜日 20:03
「ファション週刊誌」なんて普段は全く読みませんが、
 先月、「銀座テイラー」さんの「ハッピーバレンタインデー」のイベントで
スタイリストの「宮本真由美」さんコーデイネイトしてもらった内容が
ファション週刊誌に掲載されたものを頂きました。
うれしいのは、掲載されたのもそうですが、
ないよりも嬉しいのは、
先日行われた「アカデミー賞」の女優さんたち、
大好きな「アン・ハサウェイ」と同じページに一緒に掲載されたことです。
今回の事は、楽しい経験とよい記念になりました。
この業界では、珍しいことだと思うのでアップしてみました。
記念に頂いた「ピンクのマフラー」です。
とっても立派品物です。
ありがとうございました。

「佐々木常夫」講演会及びLAVITA

旬な友人 | 2013年3月17日 日曜日 15:03
この日は、
友人の「佐々木美邦子」さんのお店のLAVITA中目黒店五周年、六本木店一周年
を記念として彼女のお父さんである「佐々木常夫様の講演会」及の記念パーティーです
第一部:17:00 佐々木常夫講演会
 テーマ「これからのリーダーに贈る言葉」
 ~リーダーシップこそが人を幸せに導く~
 佐々木常夫;東レ経営研究所特別顧問(元東レ代表)
 著者;「働く君に贈る25の言葉」
 「そうか、君は課長になったのか」
 「ビックツリー」等多数のベストセラーを執筆
 連載;週刊文春「こんなリーダーになりたい」
 出演番組;「ガイアの夜明け」「報道ステーション」等多数
 オフィシャルサイト;http://sasakitsuneo.jp/
司会:秋竹朋子さん
ヴァイオリンを演奏して下さるモデルでもありヴァイオリニストでもある
「枝並千花」さんです。(以前ブログで紹介済)
<佐々木さん講演会で特に記憶に残ったこと>
1、まず、会場に現れて、言葉を聞いて数秒で、「オーラー」が違うと感じました。
2、リーダーとは予測のゲームである、それは先手先手でやる人。
3、良い習慣は才能よりマサル。
(1)佐々木さんの場合は、「メモを取ること」
  ①なぜ失敗したか?
  ②どうすればよかったか?
 この点は、以前書いた「決断ノート」と似てます。
 友人の土方さんの奥さん(現役のモデルさん)と息子さん(トモダチ)
(祝辞のスピーチです、こんな綺麗なお母さんです。)
4、名刺の扱い型は人の扱い方。
5、何があっても自分を見捨てるな。
6、決意と覚悟を決める。
7、時間の余裕⇒切る仕事も必要。
8、その人といると「勇気」と「希望」がもらえる人になれ。
9、現実把握力。
10、人は何歳になっても成長する、だから良い習慣を身につけよう。
11、相手を好きになる。そして、何もない時が一番幸せです。
12、幸せな習慣を感じることが大切です。
以上簡単ですが書いてみました。
 ますます発展することでしょう。
お疲れ様でした。
<感 想>
こういった、旬の人の集まりに出かけていないと
「息が詰まります」
オーラーを浴びてないと
「枯れてしまします」

「ムーミン」の「ミイ」

銀座 | 2013年3月16日 土曜日 11:03
 銀座三越で行われている「ムーミンプレミアムコレクション」出かけてみました。
ムーミンでの思い出は、歌ですね
「ねえムーミン こっちむいて はずかしがらないで。。。。」
いい歌詞で懐かしいでしょう。
一度聞いてみてください。
 作詞が「井上ひさし」さんで、なんとかわいい歌詞でしょう。
聞いていると、とっても優しい気持ちになります。
僕は、このなかでも、少し意地悪でタマネギ頭の「ミイ」が大好きです。
 歴史は、1930年代からあるが、TVで見ていたのは1970年代頃かな。
銀座三越に来た「ミイ」は大きくて、怖がって泣き出している子もいました。
さすがに、並んで写真は取れなかった。
グッツもおもしろい。
「ミイ」は「ミムラ」という生き物でミウラ夫人のむすめ兄弟は35人いる設定。
こんなこと知っていても仕事にはつかえないが、なぜか「ミイ」がすきです。
TVのダイハツのCMにも出ていますね。
帰りに、「ミイ」ではないピンクレデイーの「ケイ」ちゃんの
トークショーも見てきました.
現在55歳だそうです。
春らしくなって、楽しいことが増えてきましたね。
 「ムーミン」の名刺?・・・もらいました。

新歌舞伎座

銀座 | 2013年3月15日 金曜日 11:03
 久しぶりにアップします。
年度末行事が多いですね。
 本日は、初めて歌舞伎座の地下部分を見てみました。
今まであった昭和通り側の地下鉄入口はなくなり、地下から直接「歌舞伎座」に入れます。
 外観は、以前と同じです。
 歌舞伎文字、読みやすいです。
    「カウントダウン」
 新しい「地下鉄出入り口」は築地よりに新設、案外目立たない。
 地下のお店、しゃれたお店で歌舞伎テーマのグッツです。
地下から直接出入りできることは、着物で来る人が多い歌舞伎座ではとても助かるそうです。
地下空間は意外と広い、たくさんの観客が来ても大丈夫。
階段は、エスカレータ-で、年配客を意識してかな。
 このようなものが売られています。
 コンビニもあります。
駐車料金は、意外と安い。車で観劇きてもいいかも。
地下部分が立派で地上に出なくても用が足りてしまうので、地上のお店の人たちは
御客さんが来てくれるか心配していました。
経済効果がどう出るか。
いずれにしても、今後楽しみです。

▲ページトップへ