齋藤徹BLOG

コンサート・パーティー(3)

旬な友人 | 2013年4月15日 00:04
何とも上質で居心地の良い,RelaxしたPartyでした。
2月から企画し醸成させた期間や、
(冒頭のあいさつ、乾杯、心地よい緊張感でした)
当日の熱く楽しいパフォーマンスに心から酔いしれました。
 (右、幸田さんも来てくれた。美女に囲まれての場面です)
 今回は、山形県の実家から家族も来てくれて、タイミングが良かった
姪のむすめ2歳・・大きくなったな。
 山形から上京した兄も藤原先生と会えてて感激していました。
秋竹さんのお父様も藤原先生とお友達になりました。
 皆さん帰った後に、スタッフだけの2次会、
パーティの最中は食べれないもんね。
この席も帝国ホテルのみなさん、手際よく、すくに用意してくれました。
さすがです。
(鰐淵社長も来てくれました。)
(いつもの経営者仲間たちと)
(素敵な出演者たちと)
(藤原先生も楽しんで頂き大満足です)
<感 想>
1、一度に会いたい人と会えてよかったが、一度すぎて短時間しか話せなかった。
2、帝国ホテルにしてよかった。
(1)「歴史、格式、立地、サービス」「ホテルの大きさ」
(2)来てくれる人が喜んでくれる。(犬丸副支配人ありがとうございます)
(3) 一流のサービスを企画~当日迄味わいました。
   一流のサービスは違う。

3、秋竹さん、出演者と信頼関係があった。

4、来てくれた80名とは普段からお付き合いがあり、信頼関係が取れている。
(1)全員約束を守る人です。・・・その証として「欠席者ゼロ」でした。
5、みなさんに喜んでもらえ、ビジネス交流に役立った。
 全て「ウィン・ウイン」が作れた。
これが、いつも話している
「反射的利益です」
やってよかった、でも僕一人じゃできなかった。
秋竹朋子さん含め大勢の友人がいたから成功し喜んでもらえました。
最高の「パーティー」でした、すごい!

▲ページトップへ