齋藤徹BLOG

世界政治地図と日本

旬な友人 | 2013年4月21日 00:04
            (東大、赤門)
「世界政治地図と日本」
こんな言葉出せるのは僕じゃなくて「藤原帰一」先生です。
久しぶりに文京区本郷にある「東京大学」に先生を訪ねて行きました。
(先生から頂いた最新本)
7月に行う予定の講演会の打ち合わせです。
(藤原先生の研究室がある建物)
そういえば、本業以外で、「コンサートパーティー」や「講演会」の企画を行っています。
長い目で見た営業と思っていますが、自分が楽しいのでやっています。
建物の外観は古さを残し内部は近代的な設備、照明も間接照明で落ち着いた感じです。
 早めについたのでちょっと散歩、ひんやりしてて気持ちがいい朝です。
昨年11月土地家屋調査士会でTPPについて講演を行って頂きましたが、
半年後の現在TPPの動きを見るとまさに先生の話した通りになっている。
条件条件で変化して当初とはすっかり変わってきています。
話題となったこと
・北朝鮮について統一されるとどうなるか?
 今の形で統一されれると中国の立場がどうなるか?
・今回の北朝鮮は長くかかる。
・「あおる人」と「希望的な人」について・・・
詳細まで書けませんが・・・・
感心して聞くばかりです。
いつも会うたびに思う⇒「遺伝子(DNA)」が全くちがう!
そういえば、どうでもいい話ですが
補助者のWさんに「東大赤門」の話をすると、
「青門」はないのか?
と聞かれる。
うん~~と考えてしまいます。
PS
ブログで古い情報等は時々削除しています。

▲ページトップへ