齋藤徹BLOG

成層圏からのスカイダイビング

旬な友人 | 2013年5月27日 月曜日 10:05
昨日は、NHKの深夜放送で「成層圏からのスカイダイビング」を見て興奮しました。
このニュースは、昨年2012年10月のニュースでは見ましたが、
詳細に前、後篇の2回の放送でした。
(飛び降る前に敬礼してから飛び降りる瞬間が特に印象的でした)
最高落下速度が音速を超える時速およそ1100キロに到達するなど世界記録を更新して成功したということです。
 スカイダイビングの世界記録に挑戦したのは、
「オーストリア人の元兵士のフェリックス・バウムガートナー」さん(43)です。
 (外に乗り出して下を見たとき、どんな気持ちだったろうか?)
 落下までの4分30秒の間どんなことを考えたのか。
どれほどの怖さなのか想像すると、ドキドキしました。
39,000m=39KM
東京から横浜ぐらいの距離で、スカイツリーなんて目じゃない。
成層圏は、マイナス70度の世界、この挑戦のために5年間も費やした記録も放送されました。
<感 想>
1、5年間の準備期間中の出来事で、うまくいかなかったとき「リーダー」を変えられたが
 他のメンバーも反発してやめてしまい、ますますうまくいかない。
2、結局、2週間後元のリーダーが帰ってきた。
3、この「成功」と「人間関係」の経過が特に興味深かった。
4、この2週間があったから増々結束を強めて、より良い結果を生んだ。
 この「緊張感」、「変化」、「動き」が必要だった。
逆に何もしなかったら、なにも生まれなかったのではないかと思う。
5、スポンサーの「レットブル」好きになりました。

女性は生まれた時からシンデレラ

お気に入り | 2013年5月26日 日曜日 10:05
「女性は生まれた時からシンデレラ」
という言葉から始まり、
友人のSさんからFBで案内が来た。
<内 容>
体型をカバーする為にドレスを着るのではなく、
生まれ持った本来の美しさを取り戻す為にドレスを着る。
そして、より輝いて頂くために・・・
オープンを記念した、パーティーのご招待です。
「 洗練されたワンランク上の装いをお楽しみ頂ければと思います♪」
とのことでした。
華やかなパーティーなので楽しみです。
この「写真」と
「~女性は生まれた時からシンデレラ~」
がメモリーフックですね。

星めぐりの歌

 | 2013年5月25日 土曜日 11:05
週末の土曜日、今週も現場で色々な場所に行きました。
千葉県~神奈川県~城南島~有楽町~横浜市・・
夏が近付くと、旅が気になる。
長期休みはできないので、せいぜい2~3日がいいところです。
(山梨県北杜市、田植えの時期)
今年、どうしても行ってみたい場所がある。
1、生まれ故郷にある「神社の鳥居」(自分名前入)のメンテンスを自分でやりたい。
(実家の庭の花)
2、花巻市にある「宮沢健二記念館」
 ここは、以前から気になっていた「星めぐり歌」を聞いて強くなった。
この歌を聞いたら、きっと行きたくなります。
(こんな夜景がみれたらいいでしょうね。)
3、長野県伊那市+千畳敷カール
 ここには、ある人の「ルーツ」があるので一緒に訪ねてみたい。
<最近思う事>
1、 人間、良くないことが続くと「じたばたする」「すぐに色々動き回る」
 すると増々マイナス方向に行ってしまうように見える。
 そんな時は、じたばたせずに、じっくり目の前の事に集中する。
 そして、時期、潮目を待って速やかに動くべきだと思った。
2、会議、総会がこの時期多い、見ていて思う事
 人間組織に属すると、上に行きたがるが・・・僕はそこに価値は感じない。

 

ヴァイオリンとピアノのデュオライブ

映画、芸術 | 2013年5月24日 金曜日 00:05
 夜、仕事の途中、事務所から抜け出し品川区大井町へ「ヴァイオリンとピアノのデュオライブ」に出かける。
友人「金山 千春」さんのピアノを聞きに行く。
今回の共演は「ヴァイオリン ボーカル」は「白澤美佳」さん
 さっぱりした性格で、ハキハキ話す。
ヴァイオリンもいいが、僕は歌の方が印象的でした。
(白澤美佳さん ヴァイオリン ボーカル)
生のコンサートはいい、身近に音楽がある。
(金山千春さんピアノ)
4月、「秋竹朋子」さんとの「帝国ホテル」での「リサイタル」を思い出しました。
あのイベントはやってよかった、できたんだという「自信」になりました。
 「ジントニック」を飲んで一時間程楽しみました。
そしてまた戻って、明日の現場の準備です。
なかなかゆっくりできないが、この忙しい中、楽しみむのもいいもんです。
時間があっていつも遊んでいたら、きっと「つまらない」と思う。
PS

真夜中、時々聞く音楽
色々なことが、頭に浮かぶ・・・・
『人生の機微』を感じる。

http://www.youtube.com/watch?v=1JZ2GpGbGYk
 「人生王道を生きる」

土地家屋調査士の役割

土地家屋調査士 | 2013年5月20日 月曜日 12:05
よく聞かれる事ですが「土地家屋調査士の役割」って?
先日驚いたのは、
弁護士さんに「どのような時に測量ってやるの?」聞かれた。
冗談でしょう?
ここで少し整理すると
1、「司法書士」との違い
 司法書士も測量士も登記、測量の専門家です。
が、
(1)不動産に関する登記の全種類は司法書士だけではできません。
(2)測量士も土地の面積の測量はできても基本的に登記することができません。
(3)不動産の登記簿を見て、表題部の登記(表示の登記)は土地家屋調査士が行い、
  権利に関する登記は司法書士が主に行う。
2、「弁護士」との違い
(1)土地家屋調査士は、「あなたの土地・境界ここからここまでです」
  と、
  ①改めて測量し、資料を確認して証拠をしっかりと確認することができる。
  ②これをもとに当事者間で和解をすれば時間も費用もかからずに済むみます。
(今月の和光さん、最近はマネキンがない「風景」「昆虫」が多い)
3、社会的地位
 これは、よく同業者、友人と話すが、イメージとして
がっかりする言葉が、
(1)「泥臭い」「収入が少ない」「外業がたいへん」「ステータスが低い」
 「公共依存度が高いからな~」「税理士の収入の6~7割程度?」
 「調査士は割に合わない」「調査士仕事のは半分土方(どかた)みたいなもんだ」
 「作業服なんか着たくない」
(2)こういったことが受験者減少の一因です。
5、この流れは、
 「悪い気」を生み、
 「悪い気」があるからこういった流れになるのか?
 こんなことでは、「品性」のない世界になってしまいます。
(昨日の現場:大田区城南島から羽田空港を見る)
5、結論
 土地家屋調査士は、基本「真面目な人間が多い」
真面目でなければ、
「お客様の大切な財産は守れない。」

銀座で一番の美人

銀座 | 2013年5月18日 土曜日 00:05
週末の話題で、先日友人に話したらウケたので書きます。
銀座で一番の美人の「マネキン」さんの話です。
銀座を隅々まで歩き「ショーウィンドー」を見ると、どこのマネキンが一番美人か?
最近のマネキンは、無機質なものが多くてつまらない、そんな中で一番好きなのは
銀座4丁目の「ロッサ銀座 みゆき通店」
 10年以上前から気になって、見かけると思わず見入てしまいます。
そして、「小さい声」であいさつします。
当然年はとらないし、初めて会った時と同じ美人です。
銀座の街を歩く時、こんなことも気にすると楽しくなります。
銀座で近くに来たら、ぜひのぞいて見てください。
銀座がもっと、もっと、楽しくなり好きになりますよ!
PS
気が付いていますか?
ブログは、数が増えると消去しています。
一定量の400程度にしています。

東をどり

銀座 | 2013年5月17日 金曜日 21:05
今日は「東をどり」を鑑賞しました。

開演前に2階でお茶をいただく。
目の前で入れてくれる。
芸子さんが元気よく踊る姿は、2列目だったので圧巻です。
足の裏まで白いところが見えました。
新橋演舞場が、ほんのり「おしろいの香り」がして、なんとも艶っぽい・・
着物姿の女性が多く別世界を作っていました。
「東をどり」を鑑賞し景気が良くなり、元気な気持ちになりました。
座席が2列目だったので、芸子さんのサイン入り手ぬぐいを頂きご機嫌です。
これも「運」です。
華やかな場所はいい、気持ちが良くなる。
『すごく楽しかった』
「東をどり」は、京都の「都をどり」に対抗して始めた芸妓舞踊です。
今度はいつか、京都の「都をどり」を見に行ってみたいと思いました。
ありがとうございます。

ギネスの記録

測量、設計 | 2013年5月11日 土曜日 23:05
今夜は、六本木ヒルズでNikeのランニングシューズのイベント
そのイベントの為に制作した巨大DJターンテーブルをギネスに公式認定するための測量。
面白そうなで喜んで引き受けました。
ちょっとしたお祭りですね。
六本木ヒルズは、映画以外では久しぶりに行きました。
まあ、色々なこと考えてやるもんですね。
一緒に行った、福島県出身の補助者のWさんは、「きょとん」としていました。
我々おじさんは、まず来ない場所で、にぎやかなイベントでした。
ゲストには、ボクシング世界チャンピオンの内山さんも来てました。

このターニングテイブルです。
確かにレコードを回すテーブルです。
当日は、雨なので急いで測量してシートをかけました。
この測量結果が「ギネス公認記録」となりましたら、このブログにアップしたいと思います。

くじら料理

お気に入り | 2013年5月9日 木曜日 17:05
ビジボンの仲間たちと役員会議を大手町にあるJAビル「みずほ証券」で行った。
(さすが大企業の会議室はデカイ!広い会議室)
その後、神田にある、「くじらのお宿一乃谷」で食事会でした。
友人は、40代前半が多い、クジラ料理は初めての人が多く年代の違いか?
食べなれていないせいか残す人が多かった。
私は,クジラのベーコンが好きです。
結構珍しい料理でした。
 久しぶりに、メンバーとじっくりと話をして、そしてよく観察してみると次の事を感じた。
1、積極的に意見を言う、話す、分かりやすい。
2、話す内容のバックーボーンが、業界的に未知の部分が多い。
3、純粋だと思う、相手とじっくり付き合って信頼関係を築けてから仕事の話をしている。
 紹介、紹介、紹介しますよりも相手の事を良く知り理解してから仕事の話をする。
 そうすると、成就しなかった時でも次につながり良い結果を生む。
4、相手の上下に係らず、同じ態度で接する。
5、度を越してまでお酒を飲まない、勧めない。
6、じっくり付き合って永く続くビジボンの仲間は、僕は好きです。
印象的だった事
友人の一人お店について、仲間のMさんが言うには
「最終目的が見えて来たような気がする」
そうか、そこまで到達しているレベルなんだと思った。
夜遅くまで、話が尽きなかった・・・

10人の女

旬な友人 | 2013年5月8日 水曜日 13:05
「10人の女」と言っても、おかしなことでなない。
正式には「小松左京が描いた10人の女」です。
友人の「城谷小夜子」さんから今日案内が届いた。
 毎年、年に一度の朗読会を楽しみにしていましたが、
今年は、10作品が一度の公開、それもAM11~PM8時までの9時間
最後の朗読会です。
城谷さんの朗読は「怖いくらい面白い。」
子供のころ、近所に来た「紙芝居」を思い出すときもある。
 全ておもしろいが、そのなかでも「ハイネックの女」が一番好きだ。
小松左京さんは「女性」を大切にしてきた方です。
その方の作品が1日で全部聞ける、とても楽しみな機会です。
司会進行は、乙部順子さん
この方とも永いお付き合いです。
(小松左京事務所代表取締役・小松左京秘書として34年)

▲ページトップへ