齋藤徹BLOG

ウルヴァリン+3D

映画、芸術 | 2013年9月27日 金曜日 03:09
劇場公開からしばらくしてから見に行きました。
ウルヴァリン:SAMURAI
 出かけた時間が最終上映だったので、空いててゆっくり見れました。
<感 想>
1、海外ウケがいいように作られているように見えた。
 日本人から見ると、「ありえないこと」が分かるので少し違和感を感じるが
 誇張された日本描写は、それはそれで面白い。
2、マリコ役の「おかもとたお」さんが、ウルヴァリンへ服を着させる場面は
「ラストサムライ」の「小雪」さんを連想させた。
3、こういった「優しい女性」を望み、日本人女性を重ね合わせて見ているんだなと感じた。
4、映画が終わってエンドロールがながれてから1分ほどの「次回予告」が気になり
 次回作品も楽しみです。
 やはり「ミュータント」が沢山出てくのは、面白いと思う。
5、3Dメガネについて
(1)今回から新しくなった3Dメガネ、メガネをかけてる者からすると、掛けやすくなった。
(2)ツルの部分が湾曲していてメガネの上からかけるには引っ掛かりがあってよかった。
意外な発見でした。

花巻新渡戸記念館

 | 2013年9月25日 水曜日 11:09
宮沢賢治記念館の次に新渡戸稲造記念館へ立ち寄った。
普段知られていないが、ここでも解説者の佐藤さんの話で
「新渡稲造」のすごさ、お札になる程の人の理由が分かった。
1、270年近く続く地元一族を守る長としての考え
2、武士道による国際貢献
3、日露戦争における役割
 セオドア・ルーズベルトは『武士道』を読んで感銘を受けたので日露間の仲裁を引き受けた。
4、2000年クリントン大統領が来る予定だったこと。
(この色紙の「すごさ」わかりますか?)
※最後に「NOT」が付くところが普通じゃない、意味があります。
「宮沢賢治」、「新渡戸稲造」偉大な人を生んだここ「岩手県花巻市」で感じたことは
全て未来に続くのは「教育」の重要さです。
『一族、国家』が繁栄し続けるには・・・
1、子供がいること、
2、教育がしっかりしている事、
PS・・
東北人で紙幣の肖像顔に使われているのは「新渡戸稲造」さんだけです。
  東北は、もう紅葉が始まっています。
少し寒くて気持ちよかったです。
今回帰郷して、実家に母の姿はなかったが、
優しく、食事、会話・・等、実家を守って見てくれる義姉さんに感謝です。

宮沢賢治記念館

 | 2013年9月24日 火曜日 10:09
今年最も行ってみたかった「宮沢賢治記念館」へ出かけた。
行きたかった理由は、このブログで2012.4.16に書いた時から思っていました。
その人の生まれ育った場所に行ってみないと分からないから出かける。
同じ東北人として、出かける前から感じるものがあった。
記念館で解説者の佐藤さんから話を聞いて、更によくわかりました。
賢治の生まれた時代は、非常に貧しい時代背景がある。
そして、彼の残した物は宇宙まで及んでいるが、ここに来てその理由が分かりました。
2つあると思う。
1、法華去との出会い。
2、アインシュタインの影響
このことが、宮沢賢治たる理由に思えた。
又時代背景を見ると「世界大恐慌」「ロシア革命」・・・
東北は非常に貧しく、非常に悲しい出来事があることを資料館でみてショックでした。
それは、山形県のある村の少女たちがある日1日で消えてしまった事実です。
<感 想>
1、人を作るのは教育。
2、教育は、こどもを育てるとき
 「子育ての大切な時期に、インプットすべき事をインプットする。」
 そうか・・
 そうなんだよね・・・
非常に感じた。
<お土産は・・・>
1、ファイル
2、手ぬぐい
拡大すると
3、自筆のコピー版

真室川~湯田~ババヘラ

 | 2013年9月23日 月曜日 09:09
 3連休中、久しぶりに帰郷しました。
そして、久しぶりに初めての場所へのドライブをしました。
 奥羽本線「真室川駅」、民家ではない、駅です。
すごくきれいになりましたね。
僕が覚えている昔の面影はない、駅というより「物産館」みたいでした。
 ホームは、きれに整備されていましたね。
駅前からの景色、休日なのに靜かです。
でも、そこがいいと思うようになりました。
次に伺ったのが、岩手県和賀郡西和賀町川尻にある「ほっとゆだ駅」
 ここも普通の建物のように見えますが、建物の中は駅であり「温泉」もあります。
発車時刻までお風呂に入って列車を待つなんていいですね。
 料金400円で、いい温泉でした。
休日なのに私以外2名しかいなかったが、
静かな土地で周りに何もないところが癒されます。
更にドライブすると名物の「ババヘラアイス」
 秋田県の各地で、カラフルなパラソルが目印の、ババさんがヘラで盛りつけしてくれる、
路上販売のアイスを「ババヘラ」と呼びます。
 きれにチューリップの花のように盛り付けてくれる。
1個200円でした。
おばちゃんのアルバイトにはなるだろうが、たいへんだろな~と思う。

2013秋冬ファッションショー

銀座 | 2013年9月21日 土曜日 09:09
 年2回あるファッションショーの招待状が届き出かけました。
毎回見に行きます。
モデルさんは、ほぼ同じメンバーです。
そして何度かお会いして話をすると、覚えててくれます。
ショーの後での会話は、
「アッ、来てるなって思いました」とのこと・・・
綺麗な人といると楽しいものです。
毎回同じモデルさん、話してみると
「気さくで、おっとりしてるいる」
会話も弾む!
お人形さんのように見えるが、普通に話せて親しくなれて嬉しかった。
モデルさんの表情も緊張感なく普通になってきました。
 洋服も素敵ですが、モデルさんのスタイルはいつ見ても圧倒されます。
プロのモデルさん相当努力してのスタイルだと思います。
また、来春会いましょう!

大切な人との付き合い方

旬な友人 | 2013年9月18日 水曜日 14:09
 今月のBBは、選択心理学の「木村宣貴先生」の講演を聴きました。
 ビジネスにも通じる大切な人とのより良い関係の築き方についてご講演です。


<5の欲求>
1、愛や力や自由の欲求が、ビジネスとも大きく関わっている。
2、自分の欲求を上手に満たすことで、家族も仲間も幸せになる。
3、過去を扱わない、今から幸せになる。
4、力を合わせて考える=喜びが生まれる。
5、人を生かし自分を管理する、身近な人を大切にする。
そんな為になるお話でした。
場所:フェリーチェガーデン日比谷(日比谷公園内)
公演後のパーティーも天気も良く気持ちよかったです。
 (仲良しの佐々木さんといつもの記念写真)
また、BBの仲間と会えて『ヒント』と『答』えをもらいました。
感謝です。
(夜、こんな感じです)
今日また働いています。

週末は、山梨にいます(21)小淵沢

 | 2013年9月16日 月曜日 14:09
台風のさなか、3か月ぶりの「山梨」
「八ヶ岳インター」から見るいつもの水田は、黄金色に実っている「田園景色」
この景色を見るとホットする。
山と水田と中央高速広々としていていい景色です。
 ここに来ると、この牛乳は、必ず頂く、さっぱりしてて美味しい。
 小淵沢駅、久しぶりに訪れるが全然変わっていない。
相変わらず人気があり人が多い、中でお蕎麦を食べてが、昔食べた味が思い出せない。
そして弁当を買ってみた。懐かしい「元気甲斐」、TVの番組がきっかけでできた弁当で
有名料亭がかかわっている。
 食べてみて、中身が多くて食べきれなかった。
旅行に出かけると、よくばって沢山てべ過ぎてします。
そういえば、だれか言ってたな
「お金持ちだからと言って一日10回は食事できない」って
確かに、2個も買ってしまった。
 この時間の過ごし方が最も効率がいいです。
ゆっくり食事して、夜も温泉で空をみながら過ごす。
休日を取るって大事です。

トリンプルアカデミー

測量、設計 | 2013年9月11日 水曜日 00:09
 この前の研修レポートが届いた。
大変良い環境での開催でした。
時間があれば」ゆっくり宿泊したかったと思う。

 「強いGNSSユーザー」いい言葉ですね。
他の参加者と話しても、みなさん仕事好きですね。
好きな仕事して、暮らせるから幸せなのか?
幸せの感じ方が、この仕事なのかもしれない。

 このレポート見て、僕は非常に興味持って見ましたが、
FBには載せなかった。
見て分かる人、いないだろうなと思ったからです。
導入して4年、フルに使いこなししていない部分もあるので、
「機能フル活動」の「啓発活動」を今後期待しています。
同業者のみなさんは、読んで分かると思います。

 

鹿沼の友人「イッちゃん」

 | 2013年9月5日 木曜日 23:09

昨日、竜巻のあった日に、「栃木県鹿沼市」にいました。

ちょうど、雨が激しかったとき室内にいて直接被害はなかったです。

鹿沼市で土地家屋調査士をやっている大親友を久しぶりに訪ねて行きました。

彼の実家は「鹿沼土」の扱っていて、「鹿沼土」について教えてもらいました。

1、鹿沼土ってもともと顆粒状になっていて時間がたっても粒は壊れない。

この空隙が植物にいいのかもしれない。

2、土を採取して乾燥させた後、袋詰め、値段は17kg一袋150円~

お土産にしたかったが僕は使うところがない、

でも少し鉢植やろうかと思った。

帰りに、栃木県ではよくあるお店で、

宇都宮の「宮」から名前を付けた「ステーキ宮」さんで食事、

駐車場に車止めると、隣の田んぼから「小さい青カエル」が何匹も現れて

地方出身者としては懐かしかった。

「鹿沼」と「宇都宮」ってこんなに近いとは意外でした。

同業者で受験仲間、元気そうで色々沢山話が出来てうれしかったです。

同業者にしか理解できないことってありますね。

お土産の「大きな栗に入ったドライ焼き」とっても美味しかった。

ありがとう、また会おうね。

「イッちゃん」

 

幸せになるため(2)

習慣 | 2013年9月3日 火曜日 00:09

 

<幸せは常に変化する。>
何が自分を幸せにしてくれるか?
1、限界を認識することで、外の世界を見ることが役に立つ
 例えば一番身近な方法としては、
2、他人の選択を見ることで、
(1)その選択が、将来どうなるか見ることが出来る。
(2)人間は自分が思うほど他人とは変わらないのです。
  それじゃ、成功した人の真似ばかりすれば幸せになれるか?
  僕は、真似ばかりする人は嫌いです。
  シーナ・アイエンガー教授の答えは、「ノー」でした。
3、そこで、注意することは
(1)人間は、自分の選んだことにに順応する。
  苦しい思い出を忘れると同じで
  そうしないと人間生きていけませんよね。
(2)自分のことをよく知らずにまねることは、結果が違ってきます。
  やってる人が違えば結果は異なります。
  そこで次の事が必要になってきます。
4、<「直感」と「理性」で外の世界を見る>
  やって後悔する人:やらないで後悔する人の割合は
   2:1の割合だそうです。
5、<成功する選択、確率を高める選択はできる。>
(1)自分の心の中を見てみつめて「直感」を大事にすること、
(2)幸せをもたらすものへの過度の期待は分かっているが
  分かっていても、間違った選択をしてしますこともある。
  それはそれでしょうがないことです。
でも、
6、その時必要なことは、真剣に「選択」を実践する。
  選択を日々重ねて自分が、「なに者か」を見つける。
 この部分が結論でした。
 再放送でしたが、新たな発見もあり有意義な番組でした。

▲ページトップへ