齋藤徹BLOG

幸せをつかむ方法-2

習慣 | 2014年2月2日 08:02
<幸せのネットワークについて>
 幸せは連鎖する。
社会的ネットワークは重要で友達が幸福ならばあなたも幸福です。
 確率で言えば、幸せなな友人と直接の友人ならば15%、
第二間接者だと8%幸せ度がアップするとのこと。
第三間接者だと2%だそうです。
幸福は友達で上昇スパイラルで上がる。
僕も、同様なことを感じていました。
 BNI、BB、交流会、パーティーで色々な人に合うが、
その中の5%は、幸せな人はいる。
事実、成功者、お金持ちは、良く人と逢うし、そういった場所へ出かける。
閉じこもりでひきこもり人で幸せな人っていないですよね。
 いい人との出会いは、間接的に「仕事運アップ」につながると感じていた。
やっぱりそうか。
  結論から言うと、その友人で特に大切なことは
『多様性が重要』だそうです。
異業種交流会かな?
もう一つの結論は、
人をサポートする=自分の幸福度が高まる=小さな親切
「死」は「生」の一部です。
物事がうまくいかないとき、一緒にそばにいてくれる人いますか?
一緒に喜んでくれる人いますか?
一緒に苦しんでくれる人いますか?
どういったことが「幸せ」になれるか?
  それは・・
※「前向きな結論でせる人です。」
※「良い人、幸せな人のそばに自分を置くこと、その場に自分がいること。」
※「幸せな友人の中に自分が入れるようにして、そしていること。」
だと思う。
だと思いました。

▲ページトップへ