齋藤徹BLOG

不動産の登記件数について

土地家屋調査士 | 2014年3月16日 16:03
不動産の登記件数について
結論から言えば、
 H18年は、12,255,216件
 H24年は、 9,050,038件
6年間でマイナス26%・・
<感 想>
1、職務拡大を図るには・・・
(1)新たらな分野の開拓
(2)認知度を高める
2、 調査士の数が減るのも分かる。
(1)受験者数、登録調査士の数の減少を見て分かる。
 なくなることはないが、まったく違う方向になるような気がする。
日本の人口減少とこの登記件数で、地方との差は驚きです。
東京管内:6,122,553、仙台管内1,047,062(山形県140,110)
年末地方で登記する時、受付番号見ると数字の少なさに驚きます。
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001110784

▲ページトップへ