齋藤徹BLOG

ベスト

ツール | 2014年5月6日 10:05
<現場での服装について>
 いままで結構こって色々やった。
「作業服」で「作業服ぽくない」ってどうしたらいいだろうか?
 たどり着いたのが、アイトドアの服装でした。
値段もけっこいう高いけど高級感があってよい。
特にこったのが「ベスト」

 

色々な種類、20着程購入した。お店に行くとまず見るのが「ベスト」

その中でも、特に好きなのが「フォクスフャイアー」が一番好き。

また、その中で一番気に入っているのが

「171プラスメッシュベスト」

 

これは最強のベストです。

が、・・・・少し重い、ベストもその日の目的状況に応じて選びます。

 

男の子だったらわくわくしませんか?

<結 論>

1、普通の現場の場合は良いが、「真夏の暑い現場」や「山の中」での現場時は

「ワークマン」の安い作業服が一番よい、

2、暑かったり疲れる現場だと、思考能力がなくなり、おしゃれ、服装なんて構っていられない。

3、どのような良い作業服、高級でかっこいい作業服でも、作業服は作業服です。

パーティーなどへは着ていけません。

4、TPOに応じて使い分けることが重要です。

5、現場を楽しく過ごす一つにはなります。

 





▲ページトップへ