齋藤徹BLOG

竣工記念品

旬な友人 | 2014年5月27日 16:05
今日は、JR目黒駅付近の建物「竣工記念」に招待されました。
立派な建物2棟、床面5Fで2500*2棟
 測量計画から3年余り、いろいろドラマがありました。
建築家のスタッフの方から色々な要求があり、苦労しました。
が・・・結局これが勉強になりました。
図面の書き方一つにしても、我々が常に考えている図面とは違っている点、詳細な部分
今後の財産です。
施工も「スパーゼネコン」設計も建築士ではなく「建築家」
その出来上がりを見ると違いがよくわかります。
 また、記念品もおしゃれです。
良く思いついたな~と思う。
この「キーホルダー」の素材が優勝カップ、茶道具など思い出が詰まった素材でできている。
本当の資産家さんは違います。
 大切に、させていただきます。
資産家の方、お金持ちの方の違いを感じた今週でした。
もう一つは、銀座の町内会の総会で、名刺交換すると、お金持ちの方の共通点を発見しました。
1、裏面が英語
2、シンプルで紙質がよい。
3、余計なことはごちゃごちゃ書かない。
よく目立つような形、素材がプラスチックがあるが、
お金持ちに話すと・・・
「それは安っぽい」と言われた。
こうやって観察することも面白い。
 一緒に登記を行った、「司法書士の梅田様」登録免許税の金額に驚きました。
 画像で、この3年間を振り返る。
これからオリンピック等で建築、建設分野が忙しくなります。
建設物価も毎月5%アップしているそうです。
良い時期に完成したと思います。
竣工記念パーティーに呼ばれた人の中に
現場入口の「ガードマン」さんいつも弁当を運んでくれた「お弁当屋」さんがいたことに
施主様の気持ちが伝わってきました。
(家族全員集合!そのご家庭が見えます。)
たいへんよいパーティーでした。
これからも気持ちを込めて仕事をしていきたいと思います。

▲ページトップへ