齋藤徹BLOG

スティーブ・ジョブズ(自分自身の人生を生きる)

旬な友人 | 2015年4月24日 金曜日 16:04
Your time is limited,
  so don't waste it living someone else's life.
Don't be trapped by dogma 
  which is living with the results of other people's thinking.

あなたに与えられた時間は限られているのです。

だから他人の人生を生きてしまうような、無駄な時間を過ごしていては余りにもったいない。

 
前刀さんとの話で、
 直接スティーブ・ジョブズと直接仕事をした話を聞くだけで興奮です。
例えば
「彼は、なんでも自分で決めていくタイプでした。」
「そして僕と似ていると思った。」
カッコイイ!!
やりたいようにやる。
そして、生きる。

「自分自身の人生を、生きる、生ききる」

成功者

旬な友人 | 2015年4月16日 木曜日 02:04
人生、生きて100年の中で
その中でどんなことができるか?
成功者で超富裕層の友人に聞いてみた。
(山梨県甲州市役所の方、秋竹さん、大川栄子さん)
1、土地家屋調査士の仕事について?
質問されたこと
「その仕事って、これから増えてきて将来性のある仕事なんですか?」
確かに、
増えない仕事、いずれなくなる仕事をしててもしょうがない。
「自分をおく場所は、そこを考えるんだ、自分の置く場所=やる仕事」
単純明快でした。
2、今度のコンサートについて質問された。
「どんな人が楽しめるコンサートなんですか?」
そうか、そこから考えているんだ。
3、「その時々の、決断、決定はどうしているですか?」
 と聞いてみた。
「カンです」
ただ単に出てくる「カン」ではないと思うが(たくさんの積重ねがある)
「直感」で決めます
(5月のBB、投資会社の友人と)
この「決断」=話は、簡単でした、僕の悩みは10分程度で解決しました。
友人、いい人ってすごいね。
今日のBBで感じました。(写真は載せません)

 

『前刀禎明』さん、

旬な友人 | 2015年4月2日 木曜日 11:04

本当に、ようやく実現する講演会

前刀禎明さん
 アップルコンピュターの日本の代表を務めました。

スティーブ・ジョブズと仕事をした日本人

「アイ・テー」なんてと思う人もいるが、そんな、ペラペラな人物ではありません。
『いい人との出会い』は、その人しだいで、その経験、体験が「感性」に影響します。
自分をいかに成長させ、『感性と情緒』を鍛えるかです。
自分を成長させたければ、いい人と出会うことです。
そこで相手をしてもらうことです。
それが、わからなければそれだけに人間で、「ジ・エンド」です。
周りにはそういった人を多く感じことってありませんか?
ただ仕事だけしていればいいのか?
ぼくは生きていて、「楽しい」と思いたいし感じて生きたい。

▲ページトップへ