齋藤徹BLOG

<10年後の選択>

習慣 | 2015年5月28日 11:05
  後から見て、「この選択は」よかったんだと思えるのは・・
自分自身にうそをつかないことだ。
人に、うそをつくことは簡単だが、
自分自身に、うそをつける人はいないと思う。
  自分はごまかせない。
現実は厳しいが、自分にうそをつかないで選択する。
 「自分に正直に生きる」=「幸せ」だと思った。

(山梨のNYTさん、大川栄子さんと記念写真)
 自分が、嫌な顔したりはしない。
 自分が、幸せで楽しそうだと思える。
「幸せのオーラ」は、自分が幸せでないとできない。
素直に幸せだと、思って生きる。
いかに感じられるか、自分にうそをつかにでいられるか。
 自分以外の人に、心をさらけだすことはない。
 苦悩を乗り越えた時に話す。

▲ページトップへ