齋藤徹BLOG

「王者の条件」

習慣 | 2015年6月29日 月曜日 21:06

錦織圭 頂点への戦い(2015年6月28日)のNHKスペシャル面白かった。

そこで感じたことを書きます。

なにがおもしろいか?

1、世界ランキング17位から5位へ、このトップ5位から上に上がる大変さ、

そして、「なぜ大変か」よくわかった。

2、トップ3の厚い壁ってこうなんだ。

 

EX

(1)トップになれば相当研究され対策が講じられる。

(2)そして心理戦、

(3)錦織の飛躍のきっかけとなった去年の全米オープンの分析 両者の心理戦を再現がみごとでした。

そこで、

『そうか』、『そうだ』と思ったのは

1、トップであり続ける条件とは =常に変化すること、

その必要性についてよ~く分かった。

(1)今トップでも、周りの人の変化、環境の変化。

(2)そしてトップであることが研究されてマネされる。

だから、常に変化し続けて、向上しないと、トップでいられない。

これって、商売もそうですね。

EX

同じことをやっていたら、

(1)飽きられてしまう。

(2)新しい=「知識」「情報」「経験」「機械」「人脈」が必要になる。

これって、前刀禎明さんの言う。 「新しい価値の創造」「セルフ・イノベーション」の重要性なんだ。

 

セルフ・イノベーションとは、

1、同じ場に留まっていることを良しとせず、常に自分自身を変え成長させていくこと

そのための心がまえや、ちょっとしたコツの話がこの前の講演会でした。

2、自分の個性、自分にしかできないこと。

 

 

 

2つのイベントを行って

習慣 | 2015年6月14日 日曜日 14:06
ここ2か月続けて、「コンサート」、「講演会」
を企画実行して僕自身が一番楽しかった。
<理 由>
  どのイベントも、
 1、一緒にやってくれた、友人がいる。
 2、僕と「同じ価値観」を持つ友人が、助けてくれたからこそ「実現」しました。
  このことが一番嬉しい、幸せを感じました。
一人では絶対できなかった。

<感 想>
「過去」は「過去」・・現実、未来を考えると
過去がどうしても出てくるが、
 現実に引きづり回されたりしないこと、
今、付き合ている人を大切にして、
 自分らしく生きる、
色々言う人を相手にしない。
係り合っている暇がない。
Your time is limited,
  so don't waste it living someone else's life.
 Don't be trapped by dogma
  which is living with the results of other people's thinking.
 元気に毎日を健康に送る
健康で、友人、周りに人に元気をシェアする。
こういったことが、「新たな元気」と「新たな仕事」を生むのだと思う。
 想像してみてください。・・・
 病気で、寝込んで元気のない人に、仕事やお金が集まりますか?
仕事、金にならなくても、こうやって元気に友人と幸せを感じて生きていくことが
運気を生むのではないかと思いました。

土地所有者が見つからない時

土地家屋調査士 | 2015年6月13日 土曜日 16:06
<私道路などで>
    土地の所有者が古く見つからない時ってどうするか?
1、所有者が区に変更されていない場合は、
  42条2項道路ですので、
 結論:相続人を探すしかないです
EX・・・・
 大正時代、年家督相続で終わっている
道路の所有者を近所の人の証言で探し当てました。
(1)その公衆用道路の公図上隣接している人は
 他にもいる可能性が強いです。
 その土地の中で最近建て替えや、
 所有者が変わっていそうな地主に
「この道路の所有者と会いましたか?」
 と聞いて回るんです。
(2)また、昔から近辺で商売している人にも聞きます。
  そのうちあぶりだされてきます。
2、最後の手段に
  所有者不明の『筆界特定』が待っています。
  が、筆界特定は「時間」と「費用」がかかります。
  だから、
  「最終の手段」と記載しました。
 3、<道路だけ持っている場合>
 (1)その人は昔、その地域の大地主であった可能性が 高いです。
  江戸時代からの慣習で東京は、借地権が多かったようです。
  それが、借地権割合で安く変えることがわかり、
  列島改造の地価高騰で借地人たちが、 借地権割合で借地を購入し、
 すぐに不動産屋に転売すると、
  6割の粗利がでるわけで、、、。
 通路部分だけ残ってしまい、
  道路で免税されるので、名寄帳に記載されないので、
 (2)税理士はチェックするほどもないので
  「取り残されます。」
 という経緯が一般的です。
 (3)なので地元では有名な家系のひとの可能性が高いです。
  こうやって、手間を時間がかかりますが、探します。
こういった内容は、みなさんネットで探して見ているでしょう。
たくさんの「土地家屋調査士」さんが、ネットで書いています。
読者の皆様が
判断し、「自分にあっているかな」と思う人に相談してみてください。
今回は、事務所の「土地家屋調査士(複数名)」→「経験、知識」から記載しました。

▲ページトップへ