齋藤徹BLOG

危険信号

旬な友人 | 2015年8月22日 土曜日 15:08

危険信号とは?

「憂鬱な気持ちになたとき」は特に信号が出る。

どんな信号か?

それは「こもりたい」という気持ちです。

そして一番良くない。

そんな時は、良いことは一つも起きない。

そして、 このまま こもってしまうと、

ますます「ネガティブ・フリクション」に、はまってしまいます。

では、どうすればよいか。

 

そんな時 姉がアドバイスしてくれた。

『思いっきり外に出て、いい人と会うことです』

 

『美味しいものを食べることです』

 

 

この日は、そういった大切な友人との食事会でした。

 

話題も、 「円」「ビットコイン」「友人の出版本」「健康・医療」

「運気の引き寄せ」「英会話」「お寿司」・・・ の話題でした。

気分も一新でき翌日からは良い事が、ちょっと増えてきたような気がします。

 

ありがとうございます。

空調服

ツール | 2015年8月6日 木曜日 11:08

作業用「空調服」を試してみました。

昨年 「ガイアの夜明け」を見て購入しました。

今年で2年目

暑い苦しみからは解放されるが・・・

 

<感想>

1、よかったこと

(1)汗をかけばかくほど効果あり、気化熱

(2)汗でシャツがベトつかない。

(3)特に背中に汗が残らない。

 

2、欠点

(1)重い(電池4本+モーター2か所)がさばる。

(2)バッテリーの消耗が早い。

「弱」だと長時間持つが、

暑いときは「強」にして使うと、半日で、単三電池4本*2回。

(3)金額が、1着15000円程度と高い。

(4)専用バッテリーが高価である。

(5)デザイン、素材が自分好みのを選べない。

(6)涼しいとは言えないが、暑い苦しみからは解放される。

 

<結 論>

1、これだけ、欠点のほうが多いが使う理由は簡単、とにかく『暑い』からです。

2、近年は夏は特に暑い、この暑さを考えると、欠点が多くても我慢できる。

3、選択を迫られると、空調服を着て仕事した方がよい。

外の作業は、暑い。

これが、今年の夏の感想です。

和歌山市~福山市

 | 2015年8月4日 火曜日 18:08

8月に入り、一番初めの仕事で、和歌山市へ

20年ぶりかな、近畿地方へ出かける。

 

静かでいい町ですね。

久しぶりに遠くまで出かけました。

その後、広島県福山市へ、お城が見える駅です。

『ウルヴァリン』:SAMURAJR福山駅前や鞆の浦で撮影が行 われ た駅です。

美しい町です、駅前のホテルも立派、東北地方に比べて恵まれていると思った。

 

 

現地で、調査士受験時の友人と会う、夜、食事の店も、新鮮な魚貝類でとてもおいしかった。

翌日、友人宅を見たが,「焼板」を門や建物の外壁に使っている。

初めて見ました。

僕にとっては珍しかった。

印象が、素朴で重厚な印象受けました、維持管理するのも大変でしょう。

地方によって、特色があり、遠くに出かけたから見れたんですね。

友人とは、5年ぶりの再会でした、短時間でしたが有意義で楽しかったです。

元気に働き続け、そしてまた会いましょう。

▲ページトップへ