齋藤徹BLOG

空調服

ツール | 2015年8月6日 11:08

作業用「空調服」を試してみました。

昨年 「ガイアの夜明け」を見て購入しました。

今年で2年目

暑い苦しみからは解放されるが・・・

 

<感想>

1、よかったこと

(1)汗をかけばかくほど効果あり、気化熱

(2)汗でシャツがベトつかない。

(3)特に背中に汗が残らない。

 

2、欠点

(1)重い(電池4本+モーター2か所)がさばる。

(2)バッテリーの消耗が早い。

「弱」だと長時間持つが、

暑いときは「強」にして使うと、半日で、単三電池4本*2回。

(3)金額が、1着15000円程度と高い。

(4)専用バッテリーが高価である。

(5)デザイン、素材が自分好みのを選べない。

(6)涼しいとは言えないが、暑い苦しみからは解放される。

 

<結 論>

1、これだけ、欠点のほうが多いが使う理由は簡単、とにかく『暑い』からです。

2、近年は夏は特に暑い、この暑さを考えると、欠点が多くても我慢できる。

3、選択を迫られると、空調服を着て仕事した方がよい。

外の作業は、暑い。

これが、今年の夏の感想です。

▲ページトップへ