齋藤徹BLOG

ドローンを用いた写真測量

測量、設計 | 2015年10月30日 金曜日 11:10
最先端技術で話題になっている「ドローン」
現在、適用範囲は、
山林は、無理です。「更地」「むきだしの地形」です。
将来山林もできるようになると思いますが・・
(カタログからの写真)
<どんなことをやるか>
1、ドローンによる写真測量を利用して高精度な3次元図面を短時間で作成。
2、土量計算、工事の進捗管理等に利用するシステムは良いと思います。
3、空撮からデータ処理までの一連の作業において、
 ドローンやカメラ等で、最適化を図ることで高精度な空撮測量を実現。
4、大規模造成工事での実績は、誤差±10cm以下までの精度、
 測定時間や費用を大幅に削減できる。
5、境界測量はできません、が山林などの広範囲ではTSとは、比較になりません。
(福井コンピュターの画像から)
<T・P・Oに応じて使い分ける。>
1、大切なことは、目的を明確にしてそれぞれに対応する。
2、自分で全部、道具揃えて、勉強して、完璧にしたいなんて無理ですが、・・
3、全分野の一流のプロはいますから、必要な部分は頼みます。
4、それと組み合わせた、最後の大切なこと=『目的達成』は完璧に仕上げます。
例:
<システムと3Dレーザー測量で得た約30万点に及ぶ測定点で比較>
1、80%以上が±10cm以下の範囲に収まり、高い精度。
2、人間による人海戦術は、かなうわけないです。
(1)費用と時間は、次の通りです。
①ドローンで、3ヘクタール、1時間、1人として・・・
②3Dレーザー測量で、3ヘクタール、8時間、5人
③TS測量で、3ヘクタール、30時間、7人
将来『人工知能』や『新技術』で測量の世界も変化するでしょう。
(本島さん測量写真から、測量している者しかわからない様子が伝わります)
私は、明日へ成長する姿を思い描くとき
自分らしく
『いまを丁寧に生きたい』
と思う。
本質を忘れず、まじめに、測量していきたいと思います。

登記の取扱基準が改正されてから

土地家屋調査士 | 2015年10月28日 水曜日 16:10
法務局の土地建物実地調査要領が改正されてから数年経ちました。
以前このブログにも書きましたが(2011.12.7)
その後どうか?
1、現地調査に行くようになり、登記の完了まで場合によっては
  2週間以上も必要で補正日に完了しないこともあります。
2、法務局から電話連絡で、
 「現地踏査行いますので、現地に在住ですか?」
 なんて電話があります。(地域により差は多少ありますが)
(東京から300km、東北地方)
3、私は、
 ちょっとでも複雑な案件は、
(1)法務局との事前協議、打ち合わせを行うようにしています。
 たいへんですが、これが一番早く登記を上げる、コツです。
(2)手間がかかります、以前より複雑になり時間がかかります。
 よって、依頼者様の理解と協力が必要なこともあります。
(鎌倉市の造成現場)
4、我々の仕事はすべて手作りで、「土地家屋調査士自身」が行わなければできません。
  よって大量生産はできません、
  よって大儲けはできません。
5、まじめで、この仕事が好きだからやっている「土地家屋調査士」がほとんどだと思います。
6、土地の登記について
 (1)分筆については、分割線を現地で把握出来るようにする。
 (2)分割線については、計算点でも、「木杭やペイント」で分る様にする必要があります。
 (3)杭を入れられない状況の宅地造成中の現場なども同様です。

宇宙を測る=ハッブル宇宙望遠鏡

映画、芸術 | 2015年10月26日 月曜日 16:10

地球ドラマチック「ハッブル宇宙望遠鏡~宇宙の謎に迫る 25年の軌跡をみて(Eテレ)

ハッフル望遠鏡 「宇宙を測る=ハッブル宇宙望遠鏡」は、

星の誕生の過程やブラックホールの活動の証拠を鮮やかな画像でとらえてきた。

宇宙の膨張が加速していること

だが、
打ち上げ当初は鮮明な画像が得られず、失敗から学ぶことがあった。
	星の数が、地球上の砂の数より多い=砂の数なんて想像できない。
	宇宙の始まりと膨張について、宇宙の始まりが137億年前であることを知る。
	過去の宇宙の観測により宇宙の膨張を知る。

<いつ放された光なのか>
	宇宙の膨張は増している=「ダークエネルギー」と呼ぶ。
	宇宙を測ることから解った、目に見えない「ブラックホール」は太陽の20億倍の大きさである。
	どの銀河の中心にもあるのが「ブラックホール」の役目って何?


	ハッフル望遠鏡の寿命は2030年頃まで軌道が地球に近づいていて地球に戻ってくる。
	次の望遠鏡も計画中で3倍の大きさである。
	宇宙全体の恒星は2000億*1000億=200垓個以上
	垓「カイ」なんて単位初めて目にした。

どの部分を見ても、「知りたい」という本能を刺激する。
生きている間にどこまで「知る」「見る」ことができるか楽しみです。
こういったテーマーって大好きです。

宇宙の果て

映画、芸術 | 2015年10月24日 土曜日 12:10

いつも見ている、NHK、Eテレの「ZERO」

今回は、「宇宙の果て」 “宇宙の果て”はいったいどうなっているのか。

そこには何があるのか? 無限に続いているのか?

最新観測と理論から、

この究極の答えに挑む研究が進められている。

宇宙の果てを解き明かすためのキーワードは “三角形”。

宇宙に三角形を描くことで、宇宙の果てを知ることができるという。

そこから見えてきた驚きの宇宙の果てとは?

 

想像を超えた宇宙の果て!

地球から見てわかる宇宙の大きさは、 宇宙は拡大しているので470億光年です、

470億光年先は、さらに宇宙が広がっている。

ゆがんだ部分もあり、「宇宙背影放射」宇宙全体は何とか想像できました。

宇宙には始まりがあり、有限である。

三井倶楽部

お気に入り | 2015年10月20日 火曜日 17:10

 

港区にある『三井倶楽部』

 

今年で102年目の建物

(天井)

豊穣の会は毎年、早めに行き

庭を散歩、歴史を感じました。

 

戦時中は、空襲も免れ、当時あったワインも地下にかくして無事だったそうです。

100年以上のワインは飲めないそうですが・・・との関係者の話も興味深い内容でした。

 

良く残って、現存すること自体、驚きました。

めったに入れないので、よい思い出になった、「豊穣の会」でした。

Cinema de One Night

お気に入り | 2015年10月19日 月曜日 12:10

銀座テーラーさん81周年目の「豊穣の会」

毎年楽しみにしてる、パーティーです。

今年は、映画をテーマにした会でした。

 

(藤原先生と、こんな格好でめったに見れません)

普段見られない友人のファション、様子が 非日常的で楽しかったです。

 

(前刀禎明さんと一緒に、一か月ぶりでした、講演会ではお世話になりました。)

日々生活していて、

このような時間を持てる幸せに感謝、

大切な友人たちに感謝です。

(坂井さん、今日は、[料理の鉄人](フレンチ)のお父さんも一緒です、お久しぶりです)

(鉄人は家庭では料理はやらないとのこと)

「友人(祥子さん)のお姉さん、半年ぶりです、今年の絵も見させていただきました」

(お医者さんのお友達二人、健康について質問、排出の大切さを教えてもらいました、

本音で教えてもらえるので助かっています。)

 

(ドレスが素敵な佐々木さん、去年結婚しました、おめでとうございます)

(後ろに見える方は、住友3Mの副社長の昆さんです、勉強会ではお世話になっています)

たくさんの友人たちと過ごせた幸せな時間でした。

 

香取神宮

 | 2015年10月18日 日曜日 21:10

高速で、「香取」で降りて5分、現場に行くときに

立ち寄る「香取神宮」です。

早朝7時ころ立ち寄る。

ここは、『水』のよい気が集結してできたスポット

成長を助けてくれる場所です。

 

 

何度も行きましたが、やはり早朝が一番。

大きな杉の木に手をかざすと「手のひらがピリピリ」オーラーを感じる。

この感じる力は、去年のセミナーから学んだところです。

入って左手のこの杉の木が一番感じる。

次に行くところは測量現場近くの神社「千葉県のある町」

この日は、地元役員交代の日で国旗掲揚

良く昼食ここのベンチを使わせてお貰いました。

きれいな神社でした、地元の方に「感謝しています。」と伝えた。

こういった会話、交流もたのしい。

 

 

次に見かけたが匝瑳市(そうさし)にあるプレハブユニットの展示場。

上手くできている、僕らのような屋外を対象にする仕事人なら、あこがれる。

 

建設費も安いし単純なのがいい、

裏面の排水設備もわかりやす。

こゆうのって、いいですね。

 

銀座四丁目~東京駅

銀座 | 2015年10月13日 火曜日 12:10
週に3回程度は、30分以上歩くようにしている。
現場作業以外でです。
朝8時30分に銀座4丁目交差点から東京駅まで散歩です。
といっても目的はあります。
 外国人旅行客のカップル、朝からいい感じ

 ソフトバンク隣の「壁絵」うまくできている。

女子がハンバーガー買っているところの後ろ姿です。

次に和光のショールーム
今月は、
こんな感じ、おとなしい、オブジェ。
 今月のシャネルビル
  銀座伊東屋さん
次が「キラリトギンザ」7階に友人の関さんのお店があります。
ようやく、東京駅南口に到着
郵貯ビルの「境界標識」を見て、名称(A21)まで張り付けてある。
東京駅前、駅前が工事中で全部は見えません。
 目的地は、「新丸ビル」でした。
気持ちがいい朝でした。

風水師・李家幽竹さん-3

旬な友人 | 2015年10月11日 日曜日 10:10
8、2016年は、どんな年か?
それは、
「ベース」の年です。


(1)ベース(日常)が、ますます好きになる。
(2)自分が、生きてきた過去を見直す、9年単位で
(3)そこには、地層がある、悪いことを思い出し、「たいしたことではなかった」と思う。
(4)やってきたことに「コンプレックス」を持たないようにする。
(5)生きてきた過程を見直し考える。
(6)「地層のドク」に気付いてよかった・・・と思う。
(7)その人のおかげでよかった。
(8)「~~~のおかげでよかった」と思う。
(9)自分で、ひっかっかっていることを消す。
 以上のことって、昨年やっていたました。
 そう、「江草さんのセミナー」で。
驚きました、共通することなんですね。
もう一つは、
10)床掃除をする、ピカピカにする。
9、最後にジャンプする
ジャンプの時って必ずかがみますよね
その「かがむ」時が、苦しい時期だと思う。
それを乗り越えて次の幸せが待っているのです。

風水師・李家幽竹さん-2

旬な友人 | 2015年10月10日 土曜日 11:10
6、家は、運をためておく所
(1)1番は掃除=特に「玄関」
(2)運の良い家とは
①インテリアのバランスが取れている。
②見ているものから運をもらうからいいものを、
バランスのとれたものを置くこと。
EX:
TVまでの目線で自分がイメージされるので、その目線上に
一番いいもの「花」を置く、イメージされた「花」を置く。
③置物は注意して選ぶ=好きで憧れたものを置く。
④開運グッツはバランスが大切。
7、男は「椅子が大切」=座る環境が大切
8、引っ越しについて
これは意外でした
(1)半径35km以内であれば特に関係ないので都内ならどこでも一緒です。
(2)それより「環境」を重視する
(3)引っ越す家は、第一印象=感覚大事
その家に入った時の印象、一番初めの印象
①風通しが良い
②明るい
(4)方角を気にしない
それより
使い勝手が良い方が良い。
(5)家を見つけるときは、自分にプラスのパワーがあるときに見つける。
それは、その土地に選ばれているからです。
5、出会いについて(女性)
(1)日常を変える、新しいものの発見、強い風で環境を変える。
(2)初めてにチァレンジする。
(3)相性は考えない
(4)出会いは、必然で出会う
(5)「縁」に固執しない=ほかが見えなくなるから。
運命は作るもので、出会うものではない。
(6)ストレスは愛情を壊していく、見えたないだけなら自分を変えれば見えていく。
(7)同棲はしない、なぜなら家族にならないから、
(8)相手を、パパ、ママとか呼ばない=愛情運を落とす。
(9)言霊を変える。
悪いことは・・・
言わない、聞かない。

▲ページトップへ