齋藤徹BLOG

旬な政治家さん

土地家屋調査士 | 2015年12月29日 火曜日 23:12

年末の忘年会で・・

毎年、横須賀市での忘年会。

衆議議員の「小泉進次郎」さん

毎年忘年会に来てくれます。

「土地家屋調査士」について、

日本土地家屋調査士連合会の「まんがでわかる土地家屋調査士のしごと」

を手渡しました、すると写真のように一緒にPRしてもらいました。

 

調査士の仕事の内容について

こうやっって一緒に写真に写って頂き私だけのHPだけですが、ものすごい広報活動になります。

(後ろの生畑目社長はお茶目ですね)

 

この広報冊子は、持ち帰ってもらいました。

また、話の内容は、やはり農業TPPでした。

「伸びしろのある農業」が印象的。

昨年は福島県でした、仕事熱心です。

 

誠にありがとうございました。

 

 

「良い年末と新年を迎えてください。」

とのことでした。

 

『健康と心の余裕』

習慣 | 2015年12月22日 火曜日 16:12

いま一番欲しいもの

いま一番大切にしていること

は、

 

(事務所屋上から見る青空)

『健康と心の余裕』です。

毎日、忙しく働き生活しているが

「心の余裕」

みな、「忙しい、忙しい」とは言うが「儲かってる、儲かってます」とは言いませんね。

周りの人、取り巻きの人、

みなさんいろいろ変化しています。

それが本性なのかもしれません。

直感的に「いやだな~」と思う人は

疲れます。

振り回されます。

「嫌な感じって人」は話していると、その「言霊」から伝わってきてわかります。

そいった人とは、距離をとっておくことです。

思い切って、電話番号削除します。

自分からは決して電話しません。

色々な人が近づいてくるとき

そのような人にはかかわらないようにしないと危険です。

いつも言っているように、

 

(恵比寿で、寺沢さん、秋竹さんと)

「いい人」と「いい時間」を過ごして楽しく生きていきましょう。

 

(銀座で、2015年高校時代の同級会)

『UAV測量』

測量、設計 | 2015年12月6日 日曜日 14:12
福井コンピューターの研修会で
『UAVの測量』がありました。
「UAV」とは、Unmanned Aerial Vehicleの略称であり、無人で飛行する航空機(ここでは無人機とする)の総称です。
ドローン空撮については以前書きましたが
「ドローン」+「レーザースキャナー」により
山林の測量は、むき出しでない部分もカバーされて測量図が作れます。
この講習会を受けて
NHKの放送で、これからなくなる職業に「測量士」があった。
1、測量仕事は、大きく分けて次のように変わると思いました。
(1)現況測量、縦横断測量などの工事測量は、今までとは変わる。
①人海戦術でやる時代ではない。
②機械に詳しい人間がやる方が早い。(どの規模で判断すくるか?)
この部分がなくなる職業と思われる。
機械に詳しい測量を知らなくてもできる測量図だからかもしれません。
逆に・・・
残る職業=測量を伴う分野では
『基準点』、『用地測量』、『土地家屋調査士』分野は残ると思う。
寫眞画像資料のように大規模開発には、これに少し現場の測量データーを加えることで
かなりよい図面ができるでしょう。
世の中の変化、変化、には驚きます。
この流れをつかんで『イノベーション』の連続です。

▲ページトップへ