齋藤徹BLOG

チャンスの神様(2)

習慣 | 2016年3月27日 10:03
それは、
 すご~く簡単です。
「チャンスが来た記録」をつけることです。
 「これはチャンスの前触れなんじゃないか?」
 と、思った時に
手帳のカレンダーのところに内容を書いておくのです。
これをすることで、日々「これはチャンスなのかな?」と思い
 「あ、また来たな」って感じです。
 記録をつけることが大切です。
 もうひとつ、あることが分かりました。
それは
 大きなチャンスは、小さなチャンスがつながった結果、来ることが多いのです
記録をつけはじめて、このチャンスを受けとってアクションしたから、
 新しい仕事が来た、というつながりが見えてきます。
    (春が、また来ました)
このつながりが分かると、
 次のチャンスが来た時に
「これって、この前のチャンスを受けて、この話につながったんだな」
ということが分かるので、
チャンスを受け取る心構えができるのです。
  これを始めると
「今日はどんなチャンスに出会えるだろう」
とドキワクして、日々を過ごせるようになります。
といった内容です。
これって、楽しいしいし、前向きに生きていけます。
 日々変化の激しい日常ですが、
 いい友人は、いいことを運んできてくれます。
 いい人と、いいことを、「いっぱい話したい」と思います。
それと、あと、1つ大切なことがあります。

▲ページトップへ