齋藤徹BLOG

「ちょっと」気がついたこと

習慣 | 2016年5月27日 17:05

「一流の店」について 友人と話す機会があった。

「そうか」と思う。

EX

食事をしていて、料理を運んできてくれた人に 質問をすると、

一流のお店→「質問する人のレベルに合わせてわかりやすく教えてくれる」

これがサービス料10%に相当する部分です。

 

 

このことって、自分の仕事にも当てはまります。

「質問されたとき」

「どのようなアドバイスができるか」

 

また、 「一流の人」は

スペックが違う。

 

 

1、感謝の気持ちの伝え方が早い(会った後メール等で即反応する)

2、人間、熟度が増すと、 「実るほど頭を垂れる稲穂かな」 のとおり、立ち振る舞いが謙虚になる。

3、一流との出会いの確率は、5%です。

この5%の確率を上げるのは普段の学習が生きてきます。

「貴重な時間&費用」大切に、

「ちょっと」きがついたことです。

▲ページトップへ