齋藤徹BLOG

野帳「ナカバヤシレベリングノート」

ツール | 2016年6月5日 20:06

現場でも使っていますが、それ以外でも使っている。

「野帳」表紙が固くって、コンパクトで書きやすい。

年間5~6冊使います。

一般的に売られているのが「コクヨ」さんの緑色のが多いです。

 

(左:コクヨ、右:ナカバヤシ)

最近、「ナカバヤシ」を使っている。

<理由>

1、表紙が固くて丈夫です。(かなり固い)

2、紙が丈夫、上質で書きやすい

インクで書いてもにじまない。

3、値段が、安い。(124円)

 

 

 

(主に「ホームセンター」で置いてます)

野帳は、写真のように、ハトメで穴をあけてゴムを通して使っている。

シオリの代わりに「リボンテープ」を作って完成。

これは以前、コクヨさんのイベントで教えてもらいました。

「ナカバヤシレベリングノート」気に入りました。

雨の日ようもあるが、これは水が付くとペタペタくっついてしまうので

改善した野帳がでないかと思っている。

 

 

(しっとりした紙質がいい)

ただ、売っている店が少ないので、

ネットで大量注文した。

しばらくは、大丈夫です。

是非使ってみてください。

 

▲ページトップへ