齋藤徹BLOG

点群データー

測量、設計 | 2016年9月9日 15:09

CADの技術進化には、いつも驚いている。

人類が進歩したって思うのは、ここ「200年程度」

これから200年後の世界ってどうなるんでしょうか?

そんなことを、ちょっぴり感じるセミナーでした。

EX

測量を始めた時、このような時代が来るとは考えもしなかったでしょう。

自分の仕事にも応用でき土地家屋調査士の分野に応用できそうな部分を紹介します。

<点群データー>

3D点群データー 3Dレーザースキャナー、ドローン、MMS等で計測した膨大な点群データから

1、点群データから断面を抽出

2、メッシュ土量計算

3、CAD連携で各種図面を作成

 

これって、

1、施工管理

2、規模の大きい設計 に応用できます。

地積調査に使おうと思った時期もあったようですが 精度がいまいちですね。

これからの精度も向上するでしょうから期待しています。

▲ページトップへ