齋藤徹BLOG

短編映画から見た世界(笹木恵水)

映画、芸術 | 2016年11月16日 水曜日 20:11

 

20代の女性映画監督笹木恵水さん

友人の娘さんという関係で11月BB定例会に来て頂きました。

 

(かわいらしい御嬢さんで感性豊かな性格が伝わりました)

キラリトギンザ7F「ビストロバンヤード」です。

 

短編映画は、見る機会が少ないですが

 

約束のネイロ」という作品を鑑賞させていただきました。

小樽映画祭ではグランプリをとったそうです。

 

たった一言しかセリフが無いのですが、

心にグッとくるものがある素敵な作品でした。

映画の見方も現代は、

スマホで動画を見る時代になっているそうです。

若者は、TVよりスマホで見る。

少し驚きました。

そういった点では、短編映画って「表現する」力が強く貴重だと思いました。

2016「豊穣の会」(パレスホテル)

旬な友人 | 2016年11月14日 月曜日 22:11

1年を通じて私にとって一番大きな

パーティー「豊穣の会」

 

(鰐渕社長と会場玄関で記念撮影)

「三島由起夫」の小説から由縁がある。

 

(藤原帰一先生と真っ赤なタートルで、アメリカの選挙の色か、キマッテます。)

毎年この時だけ会える友人がいる。

「平成サムライ塾」の勉強会の仲間がいる。

 

(前刀禎明さんと3人で記念撮影)

私の友人と会える、楽しい時間です。

同年代の「藤原帰一」先生、「前刀禎明」さん

金沢先生、美しい女性たち

 

(ドレス姿の友人ケイコちゃん美央ちゃん、綺麗です)

久しぶりの再会に話が弾む。

藤原先生とは、アメリカ大統領選挙のお話し

近況、おいしい食事、次何するか?

 

「こんなこと考えているんだよ」とか

今年は久しぶりに寫眞のカフスボタンが当たりました。

 

(抽選会で頂きましたありがとうございます、嬉しいです)

楽しい夜でした。

また来年会いましょう!

 

新庄北高(新荘中)東京同窓会2016浅草ビューホテル

お気に入り | 2016年11月13日 日曜日 18:11

(立派な会場です)

浅草ビューホテルで第48回東京同窓会がありました。

10年連続参加しています。

 

(当番幹事45歳)

毎年、毎年、来る人が若返っている

先輩方が、少なくなっていると感じる。

 

(初めて飲みました、おいしかったです)

これが循環かもしれないが、ちょぴりさみしくも思う。

新たな後輩とと出会う場でもある。

時間は流れる、1年ごとに早く感じる

11月は特に忙しい、行事は1年で一番多い。

仕事も駆け込みで忙しい。

毎年出席していると、出会った先輩たちの思い出がよみがえる。

「同総会」って、自分の居場所を見出したいから参加するのかな。

色々なことを考える1年に一度の同窓会でした。

 

勝手に同窓会(蔵王温泉町)

 | 2016年11月6日 日曜日 15:11

高校時代の同窓会を地元の友人が企画してくれた。

場所:蔵王温泉高砂屋旅館(記念すべき温泉旅館なりました)

30名卒業以来の再会です。

 

蔵王温泉町は、少し寒く静かな温泉町でした。

 

かみのやま温泉からレンタカーで往復 現地まで16km

 

(かみのやま駅)

混雑もなく一人ゆっくり紅葉を味わえました。

全員集合写真は、現在出身高校の校長が同級生です。

 

 

何年ぶりに会っても、

しばらくすれば当時に戻り懐かしい話をしたり

(こんな写真を持ってきてくれた高校1年時)

当時伝えられなかった想いを伝えたり。

話したらスッキリしました。

 

私のことも、かなり太ったらしく最初は認識しない友人もいた。

 

 

中学生の頃、一緒に英語の塾で一緒に学んだ友人2名の再会は嬉しかった。

 

話を聞いて思うことは、

高校卒業してから人生いろいろ、

長いドラマを経てみな現在を生きている。

270名中来れたのは30名、

亡くなった同級生の話も聞いたり。

 

当時のマドンナとも記念撮影をして当時を思いだす。

みなさん、元気でまた会いましょう。

 

チャンスの前触れ

旬な友人 | 2016年11月4日 金曜日 00:11

11月のBBは、

若き女性映画監督「笹木恵水」さんにお願いしている。

彼女は、

『意外性がある、そして花がある。』

「チャンスの女神」をつかむ前触れは、

1度だけではだめだ。 何度かの前触れが、

『惑星直列にように並んだ瞬間、爆発する。』

今度の、笹木恵水さんは、その前触れの一人です。

 

当日一緒に来る「ブレーン」も楽しみだ。

彼女の父親は、 元総理大臣の政策秘書官です。

その父親の「ブレーン」も楽しみにしている。

今回の出会いは『人生のチャンス』です。

BBのメンバーに、前触れの一つを掴んでほしいと思う。

ギネスブックの測量(亀田の柿の種)2/2

測量、設計 | 2016年11月3日 木曜日 22:11

ギネスブックの測量(亀田製菓柿の種)

この案件の話が来たときは、

驚き!!!!????でした。

そして、思ったことは

「面白そう」

「これは、何かの前触れ」

亀田製菓さんでも、

「もう2度とないイベントです」

と聞き 一生に一度の経験です。

『記念に残る仕事』になりました。

 

測量結果の55.4cmが取り上げられますが

測量をやっている者として

この記録の測量をしたことは、

私にとっては意味のあることです。

 

(亀田製菓佐藤社長)

 

(すごい、にぎわいでした)

このイベントを通じて、

色々な人と出会いつながりが出来ました。

新たな経験ができました。

亀田製菓株式会社の関係者様、

佐藤勇社長様、

博報堂の担当者様

たくさんの方とつながりが持てました。

ありがとうございました。

日々の仕事では、出会えない人たちばかりです。

 

ギネスブックの測量は、これで2回目ですが、

ギネスブックの案件は、いつも面白案件ばかりです。

あと、印象的だった測量は、

皇居の測量を半年間できたことが思い出深いです。

 

ギネスブックの測量(亀田の柿の種)1/2

測量、設計 | 2016年11月2日 水曜日 22:11

2016.11.22新潟市亀田製菓本社工場ロビーで 「柿の種」ギネス記録の測量を行う。

亀田製菓株式会社COO佐藤勇社長と博報堂の担当者さん

 

(亀田製菓、佐藤社長記念撮影、写真「柿の種」は本物で後で食べました)

報道陣多数のフラシュの中で測量するのは、はじめての経験でした。

当日夕方のニュース複数でもが取り上げられていました。

 

ギネス認定員さんは、この方は、この前は「ピコタロウ」をやった方です。

結果 ギネス記録認定になりました。

認定員は、日本に5名いるそうです。

 

亀田製菓さん「柿の種50周年イベント」です。

50cm超える柿の種作れるのは亀田製菓でも 相当苦労して作りました。

イベントは、1時間程度でしたが

私は、準備に約1月かかりました。

関係者の方の準備の大変さはこれ以上だったと思います。

 

ギネスの「証拠物の提出に関する案内」

この厚い書面をよ~く、よ~く読んで書類をそろえて、

その測量方法を考える。

 

▲ページトップへ