齋藤徹BLOG

ホイッスル(笛)

ツール | 2017年2月23日 木曜日 21:02

現場で使う「ホイッスル」

声がよく出ない時、

ハッキリ聞き取ってもらえる。

現場での「OK」サインの時も使う。

「危険周知」も、よく使うので常に携帯している。

映画「タイタニック」を見て、

いいなと思い購入した。

 

(ステンレス+コルク球がお気に入りです。)

以前、浅草で同窓会の帰り「神谷バー」で

注文伺いに、お店の人が来ないので

聞こえないのかと思い、

「ピィー」と「おもいきり」吹いた。

すると一瞬(2秒)

「シーン」とした。

大勢人がいて、おしゃべりしていたのに

全員一瞬黙った。

それから

お店の人が来たが

気まずかった、

これを有楽町のビックカメラでもやったことがある。

 

ビックカメラもほほ同様でした。

<結 論>

あまり、やらない方がいい

室内は響きすぎる、

気まずい思いをしてしまう。

外で使った方がいいと思う。

いい人に出会ったとき

旬な友人 | 2017年2月16日 木曜日 21:02
 いい人に出会ったときって
感動します。
嬉しくなります。
わくわくします。
いい人って

『内からにじみ出る瞬間を持ってる』

から感動します。
そのような人に会ったら、すぐメモします。
『なぜ、この人は、いい人なのか』
考える。

見習い勉強する。

そして自分のものにする。

いい人に会える

次々と会える環境に感謝します。

今日は、いいお話しが聞けました。

いい人に出会えました。

いい話は、

<なぜ箸は横に置くか?>

お箸は結界、

食べ物に感謝する気持ちの表れ、

お箸は、「神様の世界」と「人間界」の結界だなんて

初めて学びました。

箸の長さも、江戸時代から変わらない長さで肘から手首まで

寿司屋のカンターの幅もそうで、箸の長さの2倍が握り手

2倍が客のテーブルだそうです。

お寿司屋さんで初めて聞きました。

「さすが」です。

 

(今日は、とってもいい人との出会いでした)

(すごくきれいな英語会話でした)

 

 

 

いいふりこく

お気に入り | 2017年2月12日 日曜日 02:02

方言ですが。

「見栄をはる」「かっこつける」というような意味です。

EX

「いいふりこかずに割り勘にしようよ」

とか使います。

友達の付き合いにしても、

「かっこつけずに本音に付き合いましょうよ」

「肩書き」、「職種」によって

かっこつけずに、

「本当の自分を出して気持ちよく本音でつきあいましよう。」

と言う気持ちが込められています。

 

(昨日は、友人の誕生日会)

人って

「立派な建物」に入ったり、

立場的に、

「机と椅子」にお辞儀をしてくる人がいると

勘違いをして、態度が変わります。

何が一番大切なのか?

本当に自分のことが分かっている人は

「いふりこいたり」しません。

偉そうにしないし、 わけへだたりなく、

丁寧な言葉で気持ちよく話してくれます。

「いいふりこいて」いても、

リタイアすればみな同じゃないですか。

その様な人は、最初に話すと、

すぐにわかります。

色々な人と会うと思うことは、

職業や立場を見て、態度を変える人って

「いいふりこくな」と思う。

 

(久しぶりに会う友人)

 

 

私の親しい友人に、そのような人はいません。

「知性」と「感性」があり

そして 「情緒」を持ち合わせた素晴らしい人です。

「いいふりこかず」に付き合いしましょう。

と思う。

2017法令研修

土地家屋調査士 | 2017年2月8日 水曜日 00:02

<東京土地家屋調査士会の全体研修 今回印象に残ったこと>

1、所有権界の境界特定を目的とするものではないことに留意する。

2、倫理について

(1)今は、つながりのない依頼人が増えている。

(2)調査士は解決方法を列記するのではなく

「こうすべき」と積極的に助言する。

(3)調査士自身が「当事者化」する現象が生まれる。

これはよくあり、依頼主以上に悩んで苦労する。

(4)書類を郵送するだけでなく「面談」して話してあげる必要性がある。

(5)できるかできないかの判断 。

(6)信頼を裏切っていないか。

 

(神田明神で撮影)

 

このように、一案件に要する「時間」「手間」「知識」

増えています。

・依頼主様以外から「記名」「押印」をもらう仕事です。

・依頼主様以外の人(隣接者等)と費やす時間が多いことも

この仕事の特徴です。

「ソウカ」と思い事務所に戻って仕事しまた。

原本還付

土地家屋調査士 | 2017年2月7日 火曜日 00:02

登記申請で「原本還付」はよくあるが

認められる本来の趣旨は、

なにか?

よくあることだが 改めて調べてみた.

「添付情報は、登記所に一定期間保存されるが 他の登記所、

税金の申告等再度つかうことを考慮して負担の軽減を図るため 認められている。」

(関越道「嵐山小川」P現場、影は私です)

では

「委任状」はどうか?

当該申請のためのみ作成されたものは原本還付できないが、

反復継続する場合は認められる。

疑問い思ったとき調べますが

簡単にネット検索ですぐ分かるようになりましたが

注意が必要です .

間違っていることもあるので

大切なことは,

図書等で最終確認します。

 

(夕方現場から事務所にもどり、仕事しています。)

結論

『手間を惜しまないこと』 が基本です。

私に、依頼された方が業務完了を待っている。

「ガンバラナクテハ」

スマホ

旬な友人 | 2017年2月6日 月曜日 00:02

電話2台持ちにして一か月

「天気」「電車の乗り換え」「道案内」

全て便利ですが

一番驚いたのが、

SNS、登録した友人と電話はTV電話も全て無料

先日

お友達の「オルチャン」から電話あり

「ルーマニア」からでした。

音質もよかった。

写真画像が添付されていました。

 

(川が凍っている、いかに寒いか分かる)

便利でいいですね。

 

言葉が丁寧で、日本語について、

「そうか」と気が付かされるときがあります。

よくTVに出ていました。

また会いましょうね

「オルチャン」

 

 

 

 

▲ページトップへ