齋藤徹BLOG

『SUITS/スーツ』(2)

映画、芸術 | 2017年8月17日 21:08

毎週一番楽しにしているドラマです。

この「ドラマ」を見てから他の番組が物足りなくなった気がする。

内容は、

名門大学であるハーバード大学ロー・スクール出身者しか採用しない

マンハッタンの一流法律事務所ピアソン・ハードマンが舞台。

大人気リーガルドラマです「先が読めなくて、考えさせられる」

想像させるドラマでファツションも注目

 

このスーツ

アメリカの「トム・フォード」のウィザーというラインのもの。

肩からウエストのラインがいい。

 

女優さんも同様に楽しませてくれる。

リーガルドラマで内容も興味深い。

ただ、日本の弁護士さんと違うなと思うのは

持ちもの、日本の弁護士さんはいつも大きなカバン荷物を持っているが

主人公のスペクターは、ポケットに紙一枚か、うすい鞄だけ

 

ドラマを見て自分の生活を考えると

毎日こんな張りつめた時間ばかりでは「体、頭」が持たないと思う。

疲れるだろな~

このドラのような生活は絶対無理でしょう。

つまらないことを考えながら1時間見てしまいます。

▲ページトップへ