齋藤徹BLOG

2018年新年会(高校)

お気に入り | 2018年1月9日 10:01

また、新年会、恵比寿で

高校時代の同窓会役員の新年会

(お店の周知も嬉しい)

事務局をやったのが縁で12年前から

同じ出身地の同じ高校を卒業したという縁で

東京都内にいる仲間と毎年(本チャン11/3)一度同窓会を開いている。

今年で50年目、昨年は250名以上の出席でした。

 

毎年200名以上が集まる、当番幹事は45歳で

事務局長が50歳、準備のために年3回集まる。

新年会、暑気払い、反省会・・・

最初に、このシステムを作った人は、良く考えている「徳川家康」のようです。

50回、50年、200名以上東京都内にいる卒業生だけで成り立っている。

 

(女性の出席者も多い)

東北地方、山形県独特の人柄が反映されている。

地方出身者の集まりっていうところが好きです。

当日、仙台からバイクで日帰りで来てくれて後輩(小林さん)もいた。

朝8時仙台発~13:00(恵比寿着)~仙台着(20:00)

驚いたが嬉しかった。

(この辺は、50代~80代のテーブル)

この日は30歳代~80歳代まで、世代間で親睦を深めました。

(中学から後輩のカメちゃん挨拶)

利害関係がないのが同窓会のいいところですね。

年に何度か会う友人たちです。

(この辺は40台~)

何年も出ていると、会わなくなる人、会えなくなる人も当然います。

一人一人の近況報告を聞いて、あの人はこんな人なんだ同じ中学なんだとか確認して話をする。

美味しもの食べて、たくさんおしゃべりして皆さん、楽しそうでした。

▲ページトップへ