齋藤徹BLOG

日比谷ミッドタウン

銀座 | 2018年3月23日 10:03

日比谷ミッドタウン、東京は毎年新しい施設ができている。

3/22オープニングに招待あり行ってみた。

都内で複合施設オープンは多い。

4丁目交差点の日産は、まだ中を見てないほどで追いつかない。

日比谷の印象は、皇居、日比谷公園が近くにあり抜群の景観です。

(1Fホール)

夜景は、他にない景観でした。

建物前は、車が入ってこない場所になっている 。

また近くに劇場が複数(宝塚、日生劇場、帝国劇場、シアタークリエ)あり、

日本の「ブロードウェイ」と自負。

(1Fホールでオープニングイベント二期会)

ここ日比谷は銀座とは違った世界を作った、

昨年のGSIXと比較して飲食は手軽。

映画館も世界最新鋭で音響の良さに驚いた。

これからは映画見るなら「日比谷」に行きたいと思った。

もっと驚いたのが、

二期会のクオリティの高さに驚いた。

(夜景は、日比谷公園、皇居があり独特な都会の夜景です)

オープニング17:30へ入るとすぐに目の前で「オペラ座の怪人」が始まり。

次々にオペラの名場面が始まった。

突然感動に驚き、いい時間いただきました。

東京って、毎年このような施設が次々出来ていく

地方は地方の良さはあるが、日本が世界の中で生きていくには必要なんでしょうね。

日比谷にミットタウンができ銀座への人の流れ変わってくるでしょう。

オリンピックが、きっかけで「変化が速い」が感想です。

 

▲ページトップへ