齋藤徹BLOG

何をすれば一番幸せか

習慣 | 2018年4月16日 月曜日 22:04

<調子のいい時ほど>

ムードにのみ込まれてはいけません。

惑わされない、

気おつけなければいけません。

我に返らなければいけません。

今を大事に生きなければいけません。

「身の丈の幸せ」=「人それぞれ幸せの姿」

 

今、足元にある幸せを大切にすること

いい人とのつながりは、

必ず何かの形になります。

 

<生きる実感>

生きる目的をわすれないこと

高揚感、浮き足立たないこと

肝心かなめなことは、一生懸命働くことです。

動機付けは、周りから与えられます。

時々静かな部屋で一人で目をとじて、

じ~と考える。

何をすれば一番幸せか?

何をするのが自分の幸せなのか?

幸せの姿を感じることが必要です。

 

幸せになるために生まれてきたのだから

いまやっていることが

幸せにつながるかどうか、考えてみる。

そして

ネガテブな人とはきょりをおくこと。

前向きで、いい人と付き合うことです。

 

▲ページトップへ