齋藤徹BLOG

いい人生って

習慣 | 2018年4月24日 火曜日 18:04

末から連休がスタートする。

と言っても7日間程度ですが

締め切り、連休前に完了させたい

と日々過ごしている。

(銀座サンクでの会は、来た人のよさで楽しかった)

自分にとって一番大切な事は、

「時間」

それも「生きている間の時間です」

自分のやりたいことをやるには、

「生きている間の時間」が必要です。

いかにその時間を有効に使うかです。

(応援している山梨のNYT、素直でいい子たちで音楽もそれが伝わる)

だから、会う人もいい人と逢いたいと思う。

価値が分からい人に

分からせようとする「時間はない」

時々イベントを開くが、

声かけた人へは「趣旨、来る人」を最初に話す

それを聞いて、

「手帳、予定を見てから」

と言うような人なら、

「無理して来なくていいです」

とすぐに答えて呼ばない。

(みなさん最高の笑顔の写真です)

籾井さんとも、いい時期に出会えました。

〇〇〇会長時代なら友達には、なれなかったかもしれません。

出会いは「チャンス」「キッカケ」なんです。

分からない人に、分かるようにする時間はかけたくない。

だれでも命は、いずれ尽きてしまう。

限られた「命=時間」だからこそ

いかに「いい時間」を使うかです。

そうやって、やりたいことを思いっきりやる。

それが

後悔しない、いい人生につなるのではないかと思う。

考えてみてください、

誰もが感じることですが

自分の心の状態によって「友達、お付き合いする人」は変化している。

「ミーハー」で付き合う人は、写真撮っておしまい。

そうではなく、何度も会って分かり友達になり喜びがある。

そこに、利害関係、下心なんて一切ない。

あったら続かない、そのな人はいらない。

 

(一番年上のお友達「すきやばし次郎」の大好きな二郎さん)

冗談をよく言ったり、話すことが何となく父と似ていている。

二郎さんは、酒タバコは一切しないが、その分健康にすごく気おつけている。

夏は、人間ドックに入り、普段の生活も非常に気おつけている。

「オリンピックまで頑張る」

と話し、

きっと丈夫です。

「職人」魂

会うたびに、私の仕事と重ねて通じることを教えられる。

そこに、いろいろなヒントがある。

また、

今年は、行ったことがないところに旅行してみようと思う。

 

▲ページトップへ