齋藤徹BLOG

新橋カラーのクリームソーダ水

銀座 | 2018年5月27日 22:05

「東をどり」は、毎年5月に一見お断りの花柳界の門が開き、

技芸がお披露目されるお祭り。

 

「東をどり」にちなんだメニューは、

三味線のお稽古の行き来の合間にソーダ水で一息つく芸者さんのために、

 

三味線置き場をレストラン内に作ったというエピソードが

残る資生堂パラーの5月だけの飲み物

明治後期に新橋の芸者さんが青緑色の着物を好み、

それが世間にも流行したことから、“新橋色”として呼ばれた色調を

青りんご風味のシロップとレモン、ジンジャーエールで表現し、

伝統のアイスクリームを浮かべています。

私のブログで毎年出てくる、この時期のドリンクです。

今年は「千秋楽」に行き、

「東をどり」を見て、

 

「今年も平和に初夏が近づいたな」と思う季節になりました。

また、日曜日の夜、

今年初めての

「マシンガントークの会」

いろいろな分野で活躍する人が集まり、

夜遅くまで「コリドー街」の居酒屋でお話する。

この日は、

2年ぶりにシンガポールから帰国した社長

シンガポールの実情、競争社会を聞き

国会議員さんとは、国際政治、国内政治を聞き

A新聞記者とは、これからの世の中について話す

医療関係者とは、健康と運動・・

みんなよく色々な活動して元気ですね。

刺激をもらい日曜日のよるを過ごしました。

 

久々の開催となりましたが いつもながら濃いメンバーが一堂に会し

楽しい時間を過ごすことができました。

 

▲ページトップへ