齋藤徹BLOG

土地家屋調査士研修

土地家屋調査士 | 2018年6月17日 16:06

ブロックで研修委員をやっていて

全国の資料を見て驚いた。

研修の回数が、地域で差が大きい。

内容は、どうか?

「中央ブロック」の企画研修は

2018年は、「原始筆界の探求と地図等図面」の性格について

1、原始筆界を探求するにあたり、知っておくべき地図、図面の性格の理解を深める。

2、地租改正に至る時代背景、それ以降の各制度の変貌の理解

(地引帳、改正地券、字限図、実測十字縄入帳、宅地山林分検野帳・・・)

聞きなれない言葉ばかりだと思います。

3、すべての土地の境界が簡単に明確になれば、

どれだけ土地取引が活発になるだろか

と、つくづく思います。

 

今年は、「平成30年3月26日に完成した都心初の

「千代田区にできた電子基準点を見学」

に行ってみたいと思います。

 

 

▲ページトップへ