齋藤徹BLOG

霞が関での研修(2)日本水準原点

土地家屋調査士 | 2018年9月30日 12:09
5、日本水準原点原点、電子基準点の見学

ここは、国土地理院測量部長他6名様が対応していただきました。

驚きました、

測量界の日本トップの方が来て現地でパネルを設置していて待っていてくれました。

これも、豊田参議員が、ネゴしてくれたからだと思います。

他の議員さんは、ここまでネゴはないでしょう。

なぜなら、測量に関心がないと思うからです。

 

(1)日本水準原点

これは、明治24年陸地測量部で作られた。

当時からそのまま、地震等でこのこの高さが変われば

日本中の高さが変わる、スゴイとこなんです。

 

 

ここの基準高が変わったのは、約130年間で2回だけ

関東大震災で86mm沈下、平成23年東日本大震災で24mm沈下の時に変更したそうです。

現在に高さ24.3900mです。この元は、油壷検潮から持てきている。

山梨県産水晶でできている。

今度は、裏側と天井

この水準原点を守る建物

(ここまでアップしたのは、初めてだと思う。)

遊び心というか、台座の裏側で下から見ないと見えない部分に

当時の建設に係わった人の名前が書いている。

130年経って、見られているとわかっていたのでしょうか。

 

▲ページトップへ