齋藤徹BLOG

「もってのほか」

銀座 | 2018年10月4日 木曜日 20:10
銀座にある「山形プラザ」では「新庄」の特集されていた.
10月4日まででした。
「もってのほか」は食用菊です。
おひたしにして食べると、とても美味しいです。
菊はちょっぴり苦みがあり、そこが好きです。
家では、菊をむしるのが子供の頃の仕事でした。
大量に、「どんぶり」いっぱい食べていました。
「アケビ」は中身ではなく外の皮の中に肉詰めにして焼いたものを食べます。
とっても美味しいですよ。
こんな「自然の恵み」を売っているなんて、平和でいいじゃないですか。
久しぶりに買い物しました。
最近、高畠町の「太陽パン」をよく買う。
果物も本物の味です。
人の良さそうな、いかにも新庄っていう感じの人立っていました。
人のよさそうな、「おっちゃん」が売ってました。
 話しかけると「新庄の人ですか」と聞かれました。
銀座で、同郷の人と話すと、「ルーツ」までわかってしまいます。
どこの、だれの息子で親戚が、だれなのかまでわかります。
軽くお話して帰りました。

    「やまぶどう」「すもも」「枝豆」
    「銀座」に「故郷のアンテナショップ(山形プラザ)」があることは
    とっても嬉しいです。
    時々、気分転換で銀座散歩に行きます。
    平日、内業が続くと散歩に出かけます。
    そこで、
    ちょっと、人とお話するのは楽しいですね。

 

▲ページトップへ