齋藤徹BLOG

高度な測量作業

測量、設計 | 2019年1月16日 20:01

測量を取り巻く環境は、日々進化している。

技術、世の中の環境変化はすごい。

大学生の頃に学んだ測量技術や

10年、いや5年前とは全く違う世界になり

トランシット、GNSS、スキャナー、ドローン+スキャナー

次々新機種が出来てきて、全く違う世界になった。

高精度が要求される高度な測量作業、

「Trimble S7 Trimble VISION」

(以前のS6より格段進歩したS7)

「事務所名も貼り付け」

望遠鏡部にビデオテレスコープを搭載した

ロボティックサーボトータルステーション

ハイスピードサーボトータルステーションに

ビデオテレスコープによる撮影機能を搭載。

ロボティック測量時のターゲット再ロックの際には、

ビデオテレスコープが映し出す瞬時に望遠鏡が旋回し、

また、カメラも搭載、撮影ファイルは自動ファイル名作成機能で

観測測点と同期を取り込み、測量時の高い連携を生み出す。

トランシットにビデオが付くなんて考えもしなかった。


Trimble R10 GNSSは、

今までの測量用GNSS受信機とは一線を画すR10は、

まったく新しい受信機。

強力な技術が洗練されていて、簡単で高精度の受信機。

傾けて観測しても補正してくれるのには驚いた。

衛星数はGPS時代は、8個がいいとこ、

今は16個とか、ビルの谷間でもヒックスする

現況測量はこれ一本でできるのではないかと思う。

機械が好きで好奇心旺盛な男の子としては

測量が楽しい。

都心の超高価な土地は意識している。

これこそ私にとってイメージしていた世界です。

これからの測量、土地家屋調査士の世界はどう変化していくのか想像する。

(銀座の現場で撮影)

▲ページトップへ