齋藤徹BLOG

Survey⇒Surveying

土地家屋調査士 | 2019年2月17日 日曜日 13:02

測量の位置付けについて

法令研修での内容で記憶に残った事

1、公共測量作業規定

応用測量⇒用地測量⇒境界測量⇒登記のための測量(土地家屋調査士法第3条)

2、Survey⇒Surveying

この違いは

Surveyは、測量:機械を用い、モノの高さ、深さ、長さ、距離を測り知ること

Surveyingは、地表上の各点相互の位置を求め、ある部分位置・形状面積を測定し、かつこれを図示する。

まさに、「それだ」と思った。

世の中変わってきた。

測量の意味が変化してきた。

土地家屋調査士の業務の「登記」で

法務省は、「基準点測量」を「登記に必要な測量」に位置付けた。

そこで重要で必要になってきたことは

「測地系2011」「基準点測量成果」

そう

「GPS」⇒「GNSS」へと変わってきたように基準点観測が伴ってきた。

また、

「ドローン+スキャナー」と世の中に出てきたが

測量していて、感じることは、

基本は、

「基準点」と

「トタールステ-ション」と「レベル」が重要であとは

「人」だと感じる。

相手に伝えるには、まだまだ「紙」媒体の世の中です。

測量成果の使われ方、使い利用する人を考えれば明らかです。

 

第61回グラミー賞

映画、芸術 | 2019年2月12日 火曜日 22:02

2/11夜は、グラミー賞にくぎズケ

今年は、特に司会が

大好きな「アリシア・キーズ」でした。

“自分が書いた曲だったら”メドレー披露してくれました。

ピアノ2台を使い、この場面が一番印象的でした。

ここまでになるには、相当な努力があったでしょう。。

レディー・ガガも、開催中の第61回グラミー賞で、続々と受賞し、

涙に「今夜はメイキャップができない」とは・・

そして思ったこと

1年は、早いもうグラミー賞の時期

去年、グラミー賞にラテン音楽を書いたと思ったら

もう2月で、今年のグラミー賞についてまた書いている。

次は2月25日で91回目の「アカデミー賞」が楽しみ。

また1年、過ぎた。

世の中いろいろな事が起きているが

「人が与えられた命」について考える時がある。

生まれたときに、80年という時間(命)をもらって生まれてきて

「この時間をいかに使うか」

そう思うと80年は、長いようで短い。

まぁ

早く仕事完了させなければ・・・

と仕事する。

 

 

 

 

Clean Bandit – Symphony(Zara Larsson)

映画、芸術 | 2019年2月11日 月曜日 20:02

久しぶりに、ノリの良い音楽に出くわした。

Clean Bandit - Symphony
クリーン・バンディット

Zara Larssonザラ・ラーソン)を知っていますか?

スウェーデン出身の21歳です

Clean Banditは有名ですが

ぜひZaraの声に耳を傾けてみてください。

美しすぎる…次世代ポップ・クイーン
「Zara Larsson」(ザラ・ラーソン)
これは2017年3月17日にリリースされた曲です。
ちょっぴり悲しい曲ですが、テンポよく目が覚める曲です。
今一番お気に入りの音楽
夜遅くまで仕事するとき聞く曲にピッタリです。

 音量上げて仕事中、

聞いてみて。

 

相談相手

土地家屋調査士 | 2019年2月2日 土曜日 19:02

事務所で相談を受けたり

相談員を行ったりしたときに思う事

「土地家屋調査士」って

相談相手にとってどんな存在で

どうあってほしいのだろうか?

「トラブルを相談できる存在?」

それは、とうぜん。

でも、それだけでは、

「何か物足りない」

「何か?」

と感じている人は多いのではないでしょうか。

なぜなら

「トラブルが起きた時はご相談ください。」

だけでは解決できないことがある。

それは、

相談者の頭の中では、人間関係のこと、財産のこと、将来のこと

理屈では解決できない「なやみ」があります。

そんなとき、

「相談者へよき理解者で、よき対話を行える専門家」で

ありたいと思います。

そう

「齋藤さん、ちょっといい」

と言える存在です。

 

▲ページトップへ