齋藤徹BLOG

第61回グラミー賞

映画、芸術 | 2019年2月12日 22:02

2/11夜は、グラミー賞にくぎズケ

今年は、特に司会が

大好きな「アリシア・キーズ」でした。

“自分が書いた曲だったら”メドレー披露してくれました。

ピアノ2台を使い、この場面が一番印象的でした。

ここまでになるには、相当な努力があったでしょう。。

レディー・ガガも、開催中の第61回グラミー賞で、続々と受賞し、

涙に「今夜はメイキャップができない」とは・・

そして思ったこと

1年は、早いもうグラミー賞の時期

去年、グラミー賞にラテン音楽を書いたと思ったら

もう2月で、今年のグラミー賞についてまた書いている。

次は2月25日で91回目の「アカデミー賞」が楽しみ。

また1年、過ぎた。

世の中いろいろな事が起きているが

「人が与えられた命」について考える時がある。

生まれたときに、80年という時間(命)をもらって生まれてきて

「この時間をいかに使うか」

そう思うと80年は、長いようで短い。

まぁ

早く仕事完了させなければ・・・

と仕事する。

 

 

 

 

▲ページトップへ