齋藤徹BLOG

「遠慮」

習慣 | 2019年3月3日 日曜日 10:03

遠慮」の意味は 他人に対して、控え目に振る舞うこと

見ていて

「そこまでは・・・遠慮ってものがあるでしょう。」

と言いたくなる場面がある。

EX

いくら「好きなものを食べてもいいよ」

と言っても、高いものは自分で食べるとか

『品』っていうものがあるんじゃないでしょうか。

相手が言ってくれるからと言っても、そこに甘えてはいけない。

見ている人は見ているし、

言った人も、そこまでやられると

そう感じているはずです。

「行儀」、「人柄」がわかります。

人ってよ~く見て、付き合ってみて、わかることがある。

他者や周囲への気配り、

遠慮、謙虚さが大切だと思う

品位は、その人の行動や気配りが伴わなければ、見た目に良くない。

また、「優しさ」も

優しすぎると、優しさが麻痺してしまい、

「ありがたさ」を忘れる。

そんなことを感じるときって、ありませんか。

(着こなしが上手)

▲ページトップへ