齋藤徹BLOG

「境界点」か「境界線」か

土地家屋調査士 | 2019年3月4日 月曜日 21:03

「境界点」か「境界線」か

地積測量図を作成するとき

基準点は、成果管理者より「測地系成果2011」を入手する。

「トータルステイション」が世に中に出現して

面積は、三斜法⇒「座標方法」になり

「GPS」⇒「GNSS」へとなり。

<土地の復元は、「境界点」か「境界線」⇒「位置」か「長さ」か?>

  1. 位置情報による復元
  2. 方位(座標に長さ)
  3. 面積
  4. 境界線の情報(線の方程式)と復元性が高くなりました。

このように、境界について真面目に取り組んでいるが

不動産(土地)取引は、場合よって、地方に多いが「一括売買」で境界を考慮せずに

所有権移転される場合がある。

見積もりを見ると測量価格は、あってもないような価格

見て、がっかりするときがある。

その時は、

「そういった場合もあるんだな」と思うしかない。

まぁいろいろあります。

(作業服、ガテン系)

 

(ポケットの多さ、収縮性、フィット感がいい)

測量作業の服装です。

マスコットとは人に幸福をもたらす人。

ウェブに幸福をもたらせてくれると思います。
「マスコットガール」

 

 

 

 

▲ページトップへ