齋藤徹BLOG

時間ドロボウ

習慣 | 2019年3月5日 02:03

一番大切なことは

「生きていられる時間」です。

これには限りがあります。

何処に時間を使うかは「一人社長」には最も重要です。

開業し、自分の仕事を世の中に知らせているから

このように「ホームページ」や「電話番号」は公開されています。

すると、営業の電話がかかってくる

「NTTの代理店ですが・・・」

「電話代行ですが・・・」

「電話代金が安くなります・・」

「○○を買いませんか・・・」

10時頃と夕方4時頃が多い

頼んでもいないのに

「いい買い手さんが見つかりました」とか

それと郵便物が届く

「いいこと、仕事につながったこと」はない。

事務所に訪ねてくる営業マンも多い。

少しでもすきを見せると大喜びで会話をつなげようとして

来ますからそのような場合は、

「お断りします!」とハッキリ断るようにする。

またかかって来ますから、曖昧な返事は絶対ダメです。

道路で測量しているときなど一番困る。

世の中、「誘惑」、「エナジーバンパイアー」が多い

誘惑よりも、本業を大切にして本業で稼ぐのが一番だと思います。

「マスコットガール」

マスコット(mascot)とは

「人々に幸運をもたらすとされる人」

(何をしているかは同業者ならわかると思います)

(ピンポールを垂直に立てて測点の計測する場面)

▲ページトップへ