齋藤徹BLOG

マドンナの言葉

映画、芸術 | 2019年3月6日 20:03

山口路子先生

「マドンナの言葉」出版記念トーク&パーティーの打ち合わせを行う。

以下先生独特の挨拶

親愛なるみなさま。
ごきげんよう。
春のはじまり、(私は一年でもっとも苦手なシーズンですが)、

そんなシーズンをいかがおすごしでしょうか。
久しぶりのイベントのご案内です。

(中央「山口路子」さん)

(銀座銀座2丁目(ラシックアンジュール)
70分、お話が聞ける、3月26日です。


3月8日に新刊「マドンナの言葉」(大和書房)が発売されます。
サブタイトルは、
「知的に、過激に、自分を表現する生き方」



帯には、
「好きに生きる。嫌われる覚悟はある。」
「やりたいことに年齢制限があるなんて信じない」
「自由を奪う人こそが敵」
「私はバッド・フェミニスト」
闘い続ける女性のリアルな言葉。


かなりつよーい雰囲気漂っていますが、

私が書くマドンナですから。

私は彼女の知性、繊細さを浮かびあがらせたく、

おそらくみなさんがおもちのマドンナのイメージが

ずいぶん変わる内容になっているかと思います。

出版記念のトーク&パーティーを企画いたしまた。
ぜひ、いらしていただきたくご案内申し上げます。

トークのお相手は、大好きなお友達、

有能なフリーライターの松崎美和子さん。

70分くらいのトークを予定しています。
当日は、本の中でもふれているマドンナの、

私が好きな映像を流す予定です。

そのあとは、

その美味しさで評判のお料理を楽しみながら、

おしゃべりしましょう。
みなさま、ひとりひとりとお話しできたらいいな。
ビュッフェスタイルです。
みなさまにお会いできますこと、

ここから楽しみにしております。

山口路子

先生は、可愛らしい作家さんです。

言葉使い、生き方が魅力的ですね。

お友達、いつも笑顔で

いい時間でした。

 

▲ページトップへ