齋藤徹BLOG

ワンマン測量

測量、設計 | 2019年3月24日 16:03

年度末、休日で、工事現場が静かで休みのときは、

一人でゆっくり仕事をする。


自動追尾になりこのような環境であれば、

一人測量(ワンマン)測量をやります。

自動追尾、一人測量増えてきましたが

環境によって選びます。

都心、住宅地、スピードを要するときはやらない。

機械が倒されたり精度が気になるからです。

写真のような環境の時は、できる。

木杭も、3種類使い分け

「木の杭」なんて測量関係者でないと、なんだかわかりませんよね。

この仕事に喜び楽しみが持てる。

自動追尾が一般的になり、一人測量増えましたが

補助者がいなくても測量できるようになり

補助者を雇う人が少なくなり、業界の人材も先細り

いいことが、悪循環になり、寂しく感じるときもある。

技術が向上してきて、世の中変わる

人がいなくてもできることが増えてきて

いいこともあり、矛盾することもあり

考えてしまうときがあります。

現場は、人とのやり取りが作業を上手く運ぶこともあります。

それが全く無くなるとこんなことも考えてしまいます。

人を使わなければ、利益が上がる、儲かるが

仕事って、そこだけの考えだけで進んで行っていいのだろうか

と考える。

 

▲ページトップへ